茨木市内のあるリアル店舗と共同でインターネット通販を立ち上げることになりました。

商品を仕入して販売するのが本業の茨木広告宣伝舎ですが、今回は商品を供給してもらって通販運営に徹します。

独自サイトとショッピングモール出店を並行して運用します。ショッピングモールは、Yahoo!ショッピングと迷いましたが、今回はAmazonへ出店する予定です。

現在は独自サイトのインターネット通販サイトを先行して構築中です。EC-CUBEとWordPress、あるいはほかのパッケージを検討しましたが、結局WordPressで制作することになりました。

Amazonにコストをかける分、できるだけ低コストで運用できるWordPressを選びました。

EC-CUBEもOSS(オープンソースソフトウェア)ですので無料で使えますが、決済周りにお金がかかります。

月額費用が有料の決済代行以外に決済用プラグインがないのです。しかも利用開始までに時間がかかります。

WordPressであれば、WooCommerce+Stripeで短期間にクレジットカード決済が実装できるのです。WordPressは単なるブログ構築やホームページ制作のプログラムではありません。

Stripeは月額費用不要で手数料率3.65%。プラグインですぐに利用できます。

今回Squareも検討しましたが、専用リーダーで決済しない場合は料率が3.75%(リーダー利用なら3.2%)ということで、結局Stripeに落ち着きました。

また、ヤマト運輸か佐川急便で出荷するため、宅配便会社の送り状発行システムとのデータ連携も実装予定です。

どちらかというとヤマト運輸のほうがシステムを熟知しているので、ヤマトになりそうです。

「Advanced Order Export For WooCommerce」というプラグインでCSVを出力し、B2クラウドにインポートする予定です。日本語化されていないので、苦戦しています。

ひょっとしたら、SQLでデータベースから直接出力したほうが早いのかもしれません。とはいえER図なども手元にないので英語と格闘することにしました。

デフォルトの文字コードがUTF-8なのもなかなか曲者です。もちろん文字コードを変えられますが、プルダウンで選ぶのではなく直接コード名を入力します。

ふだん使っているWindows-932を選びたいのですが、Windows-932と入力してもエラーになります。

いろいろ調査したところ、CP932というコード名もあるようで、試しに入力したらうまく出力できました。

うまくB2クラウドとの連携が実現したら、また改めて報告したいと思います。

月曜日の茨木市の天気(2018年6月11日)

朝から雨が降りました。

火曜日の茨木市の天気(2018年6月12日)

曇りがちな一日でした。

水曜日の茨木市の天気(2018年6月13日)

雨が降りました。

一昨日の茨木市の天気(2018年6月14日)

曇りがちでしたが蒸し暑い一日でした。

昨日の茨木市の天気(2018年6月15日)

一日中すっきりしない天気でした。小雨程度でほとんど傘は不要でした。

今日の茨木市の天気(2018年6月16日)

朝方は少し冷え込みましたが、朝から晴れて30℃近くまで気温が上昇しました。

WordPress+WooCommerce+StripeでECサイト制作

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から