先日Yahoo!ショッピングのストアクリエイター(店舗管理画面)をひらくと新着情報に「本日の新聞報道の件」という見出しがありました。

なんだろうと思って見てみると以下のような内容でした。

2017年6月28日付け朝日新聞の弊社広告商品に関する報道の件につきましてまずは、出店者様、並びに関係者の皆様にご心配をおかけしてしまい、大変申し訳ございません。

今回のご指摘を真摯に受け止め、お客様・出店者様とのコミュニケーションの内容やその伝達方法について見直しを行っており、修正や訂正が必要な箇所については順次対応を進めております。

今後もYahoo!ショッピングは社内外の声を聞きながら、お客様・出店者様にとってより良いサービスになるよう改善を続けてまいります。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

残念ながら(言葉のあやで、ぜんぜん残念とは思っておりません)朝日新聞は購読しておりませんので、何ごとかと思っていました。

どうやらYahoo!ショッピングの検索画面で「おすすめ順」で表示される順位が、有料広告を出稿すると上昇するというものでした。しかもそこに「広告」と表示されていないというものです。

マスメディアならともかく、インターネット通販サイト(ショッピングモール)の売り場で「おすすめ」が売り手に恣意的に操作されていることに何の問題があるのかよく分かりませんでした。

そもそも「おすすめ」の基準などはっきり公開されていないのですから、それに目くじらを立てるほうがどうかしているように思います。

(SEOと同様に、商品名や商品ページの記述などいろんな要因が加点要因となっているといわれていて、出店者も商品名などを最適化しています)

個々の店舗ページでも「おすすめ商品」を表示できるようになっていますが、当然売りたい商品、利益率の高い商品などを表示させるわけです。

これが売り手とは無関係を装ったブロガーが一般の記事を装って、広告料金をもらって特定の記事をほめる記事を書いたりするとこれは問題でしょう。

また先日もニュースになった、食べログの有名レビュアーが飲食店から接待を受けてレビューするのも問題でしょう。

最初から商品を売る場所で、売り手が提示する「おすすめ」に恣意性があることを問題化する意味がわかりません。

Yahoo!ショッピングのお客さんもそのあたりは理解していると思います。そのままショッピングモールのおすすめ順で商品を探すのではなく、価格順やレビューの点数順に並べ替える人も多いはずです。

むしろ大量の積み紙(押し紙)を放置して、それをもとに広告料金を取ったり、折り込み料金を請求するほうが、広告としては悪質だと思います。

昨日の茨木の天気

未明の大雨が降り雷もなりました。朝方雨が残りましたが、午後は晴れ間もありました。蒸し暑い一日でした。夜に一時雨が降りました。

今日の茨木の天気

予報では曇りということでしたが、晴れて気温が上がりました。暑い一日でした。

Yahoo!ショッピング検索の「おすすめ順」が広告によって順位が上がる件
Tagged on:                                                                                             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から