ネット時代でもチラシやパンフレットなど紙媒体には根強い人気がある

今週末茨木市内のある大規模イベントに出店します。出店するといっても窓口として立ち会うだけで、実際に販売するわけではないのでかなり気が楽です。 かといって集客のできる大規模イベントに参加できるのにただブラブラしているのも時

チラシや広報誌・フリーペーパーなど紙媒体は茨木ではまだまだ集客に有効だ

語弊があるかもしれませんが、広告宣伝や集客とは「火のないところに煙を立てる」ことです。ただし、よく燃える火種でないと火をつけたところで勢いよく燃えません。 やっぱりこの喩えは語弊があるかもしれません。火が着くというとまる

茨木市民殺到のイベントへの出店がリアルでもホームページ(ウェブサイト)でも集客に貢献した事例

先日とあるイベントに出店に出店したところ、リアル店舗でも、ホームページ(ウェブサイト)でも集客につながっています。 そのイベントは茨木市の市街地から離れた山の中で開催されました。当日は通常のバス便の終点からシャトルバスが

ウェブサイト(ホームページ)活用で手の届きやすい政治を

来年1月に茨木市議会議員選挙があるとかで、市議会議員の広報チラシが頻繁にポスティング(投函)されるようになってきました。 おそらく号泣県議がきっかけだと思いますが、政務活動費の使途について世論の目が厳しくなっています。茨

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から