昨日は茨木市内でホームページ制作(ウェブサイト制作)の新しい案件のお話をいただき打ち合わせしてきました。既存のクライアント様のご紹介で本当に有難いことです。

すでにホームページ(ウェブサイト)を持たれているのですが、制作してから相当時間が経っているうえに、集客に貢献していないとのことでリニューアルしたいとのことでした。

たしかに打合せに先立って調べると、「茨木+業種」や「茨木+サービス名」で検索しても1ページ目には表示されません。「茨木+社名」で検索しても1位ではありませんでした。これは集客に貢献しないわけです。

じつはすでに昨年の夏に神戸のほうのホームページ制作(ウェブサイト制作)会社にリニューアルを依頼していたらしいのですが、費用は30万以上ということなのに未だにサイトが完成しないとのこと。

テストサイト的なものを見せてもらったそうですが、コンテンツは既存のものとかわらず不安に思ったといいます。

提案書をお渡しして説明したところ、すぐに着手してほしいということになりました。しかも仮見積り価格が10万円未満ということに驚かれていました。

前にも書きましたが、この業界はボッタクリです。多能工を育てないために、多くの単能工を外注したり雇用する必要があって、費用がかかるのです。さらに大して難しくもない技術を難しいように見せかけて、さらに高い費用を請求するのです。

そこで今回は超安価に茨木・高槻・摂津・吹田でホームページ制作(ウェブサイト制作)してもらう方法を公開します。

茨木広告宣伝舎にホームページ制作(ウェブサイト制作)を依頼する

手前味噌ですが、茨木広告宣伝舎は茨木・高槻・摂津・吹田で最安級のホームページ制作業者(ウェブサイト制作業者)です。初期費用も月々の費用も安いです。最安といいたいのですが、主婦などが内職で受注している可能性もあるので最安級と言っておきます。

他に本業があるため、すき間時間で制作するので安くできます。営業活動もこのウェブサイトを除いてガツガツ行っていませんので(このサイトすら周囲に配慮してかなり脱力しています)、そうした費用もかかりません。

営業エリアを限定することで、移動時間や交通費なども省いています。そして基本的に外注せずにすべて内製しますので、外注費もかかりません。

だから安いのです。

経営者もしくは決定権のある方が主担当としてホームページ制作(ウェブサイト制作)の発注・打合せをする

かつて某東証一部上場企業で働いていた経験や、本業で利害関係者が多い通販プロジェクトにかかわった経験から、会議や打合せに無駄が生じやすいことを思い知らされました。

そうした無駄の多い組織と仕事をすると、かけた時間の割に儲けが少なくなります。できるだけ良心的な価格でサービスを提供したいのですが、自分をすり減らしてまでやることではないからです。

かつて無駄な打合せばかりで迷走するクライアントさんがありました。二人の担当者が言うことが違う上に、二人の打合せにいちいち同席させるのです。

この仕事はこちらから切らせてもらいました。そのおかげで写真撮影や2つのウェブサイトを制作したにもかかわらず、1つのウェブサイトの代金はもらい損ねました。でもその損切りを後悔しないくらい時間を浪費させられたのです。

また、茨木の塾の案件では、クライアントの要望を100%取り入れてウェブサイトを制作し、開設から2か月で「茨木 塾」「茨木 学習塾」「茨木 進学塾」などのキーワードで1ページ目に表示させました。

にもかかわらず、塾専門の経営コンサルにホームページ制作業者を変えろと言われたらしく、契約をやめたいと言ってきました。他社に乗り換えようとしても相当高かったようで「またお願いしたい」と言われましたが、着信もメールも無視しました。

また余計な時間を取られるのはごめんだからです。

そのほかにも某茨木の薬局も担当者の方が「取締役会に説明して~」などと意思決定がややこしそうなので、わざと事前の話よりも高い見積もり(それでもおそらく他社よりは安い)を出して、ご遠慮申し上げました。

理想とする(参考にしたい)ホームページ(ウェブサイト)を決めておく

新卒で入社した某一部上場企業の研修(という名前の内定者拘束)で、言葉で説明することが難しいことを言葉で説明させるという課題がありました。

みんな四苦八苦して文章を紡ぎだして発表し終わったときに、人事部のひとがこう言いました。「言葉で説明できないこと、難しいことはたくさんあります。必要に応じて図やグラフで説明することが有効だということをわかっていただきたかったのです。」

当時は社歌を覚えるという課題と同じくらいムカつきました。でも、今になって思うのはイメージをことばにするのは難しいものです。やはり具体的な何かがあったほうが伝わります。

ホームページ制作業者(ウェブサイト制作業者)には、ぜひ「このウェブサイトみたいにしてほしい」という実例を示してもらいたいのです。

「ここはこのサイトのように」「ここのところはこのサイトのここのようにしてほしい」の組合せでも構いません。そのほうがお互い時間を節約することができます。

その結果見積もり価格を下げられることになります。

WordPressで制作するホームページ制作業者(ウェブサイト制作業者)を選ぶ

業界標準のCMS(コンテンツ管理システム)・WordPressを使ってウェブサイトを制作する業者を選びましょう。業界標準なのでいろいろ機能追加するなどのカスタマイズも簡単にできます。

競合も多いので価格競争が激しく、結果安価に依頼することができる可能性が高いのです。

また、将来的に万一業者を変更する場合(業者が倒産したり、廃業する可能性もあります)にも、引継ぎが簡単です。

超安価に茨木・高槻・摂津・吹田でホームページ制作(ウェブサイト制作)してもらう方法
Tagged on:                                                                                                             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から