今日はホームページ(ウェブサイト)の運用や集客支援で関わりのある茨木市内の飲食店を訪れてきました。

オーナーと話していると、現在の業態(どちらかというと大衆的な料理)とはまったく異なるフレンチシェフを長くやっていたことがわかりました。そういわれると確かにいまの料理にも味や盛り付けに繊細さが感じられることがあります。

そういった経歴をなぜ出さないのか尋ねたところ、いまとは関係がないからということでした。

個人的には「元フレンチシェフがつくる」というのは強みであり、大きな差別化ポイントだと思います。

元フレンチシェフというだけで美味しそうですし、こだわりもあっていい素材を使っているような気がします。

でも本人は当たり前のこと過ぎて、それを強みだとは思えないようでした。考えようによっては「人に歴史あり」でそうした経験があって現在のところに到達しているわけです。

別にフレンチのシェフでなくでも、いまの自分にとって強みになる経歴は誰でも持っているはずなのです。

以前にも述べましたが、販促(販売促進)とはメリハリをつけることです。競合他店との違いを際立たせる(差別化する)こともメリハリをつけることであり、立派な販売促進です。

日本人のメンタリティに比較広告はなじまないといいますが、自店の強みを出して差別化するのはもっと堂々とやるべきです。

いろんな方とお話しして思うのは、自分の強みというのは見えにくいということです。これを引き出すのはその人とコミュニケーションする他人です。

茨木広告宣伝舎はフェイス・トゥ・フェイスのヒアリングであなたの会社やお店の強みを見つけます。

長年小売業として商品を仕入れてきましたので、展示会や商談会の短いで時間で商品の素材や製法の良さを聞き出すことの経験は豊富です。

自分では当たり前だと思っていることが強みや差別化ポイントになる
Tagged on:                                                                         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から