モバイルファーストの流れは加速しているようです。今日伝えられた二つのニュースがそれを象徴しています。

一つはNTTドコモがiモードの携帯の出荷を終了するというニュース。
ドコモ ケータイ(iモード)出荷終了について

iモードの「らくらくホン」は残るようですが、他のガラケーもspモード(ガラホ)に移行するようです。ガラホでは料金が上がるため、これを機にスマホへの乗り換えは進むものと思われます。

もう一つは、世界のインターネット利用機器のシェアについて、10月に初めてモバイルとタブレットがデスクトップを超えたというニュース。
Mobile and tablet internet usage exceeds desktop for first time worldwide

独立系のウェブ分析会社「StatCounter」が発表しました。利用機器のシェアは国や地域の通信事情を反映するので、先進国ではまだまだデスクトップのシェアが高いようですが、この流れは止まりそうにありません。

SEO的にもGoogleがデスクトップ向けとは別にモバイル向けの検索インデックスを提供するとしており、モバイルを意識せざるを得ない状況になりつつあります。

そもそも大半のユーザーがモバイルかタブレットからウェブサイト(ホームページ)に来訪するということで、ユーザーフレンドリーとか、ユーザビリティー、ユーザーインタフェース(UI)、ユーザーエクスペリエンス(UX)といった観点からレスポンシブデザインやスマホ用ページの設置などが欠かせなくなりそうです。

モバイルファーストの流れは止まらない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から