セブンイレブンやイトーヨーカドーからなるセブン&アイホールディングスは、グループのECを統合した総合通販サイト「omni7(オムニセブン)」で減損処理を行ったそうです。

EC(電子商取引)の基盤となるソフトウェアを損失として会計処理したということです。要はオムニセブンが儲からなかったということです。

オムニセブンは「リアル店舗とネット通販の融合」(いわゆるオムニチャネル戦略)を通じて、グループ企業の商品を「いつでも、どこでも、誰でも商品が買え、届くようにする」ということを目指したそうです。

セブンイレブンという全国に張り巡らされた巨大インフラを活用して、送料もかからずに届いた荷物をいつでも引き取りできるということも目論まれていたように記憶しています。

それが、結局失敗したのはなぜなのでしょうか。

ひとつはAmazonなどの巨大ECに勝てなかったということでしょう。日本のほとんどのリアル小売業は、完全にECに乗り遅れました。成功しているのはヨドバシカメラなどごく一部です。

本来、もっとも通販になじみやすい専門品に強い百貨店はそろって乗り遅れました。アパレルもZOZOTOWNに持っていかれてしまいました。食料品なども早くから楽天などに囲い込まれました。

セブン&アイの品ぞろえは最寄品や買回り品などが多く、もともとECには適しているとは思えません。もちろんAmazonのようにAamzon Primeなどで水やトイレットペーパーの購買まで取り込んでしまうこともできなくはありません。

しかし、オムニチャネルのリアル部分を担うセブンイレブンやヨーカードーでも買えるということは、わざわざオムニセブンで買う必要性を失わせてしまったのです。

それよりもネットでしか買えない商品を開発すべきだったのです。

そもそもセブンイレブンやヨーカードーなどのネットワークがありながら、ECに手を出す必要性がなかったのかもしれません。

Amazonなどに対抗するためにECを立ち上げるというのは、手段が目的化しています。それでもECを進めるなら、ネットでしか買えない商品や専門品の品ぞろえを強化するべきだったのです。

その意味では、物流インフラの構築に失敗して衰退の一途をたどりつつある楽天の出店者を奪い取ってくればよかったのではないかと思います。

商品を持っているひと(つまりメーカー)が、自らの販路開拓のためにECに進出するというのは成功率が高いように思います。

それはそこでしか買えない独自性の強い商品を品ぞろえできること、また利益率が高いので価格競争力をもっている、つまり安売り競争にも耐えやすいことがあります。

自社製品を売るメーカーは、独自サイトがだめなら、楽天や、Yahoo!ショッピング、Amazonマーケットプレイスなど多様なチャネルを使って販路開拓していけば、いつかどこかでうまくいく販路を見つけられるのです。

茨木広告宣伝舎では、独自の自社通販サイトの構築から、Yahoo!ショッピングなどの出店まで支援します。

今日の茨木市の天気

晴れて気温が上がりましたが、夕方から曇りはじめて肌寒く感じました。

なぜセブン&アイホールディングスのEC(インターネット通販)は失敗したのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から