ウェブサイト(ホームページ)は制作するだけではなく、その後の運用が重要です。

売上や利益を増やすために、どれくらいの人がウェブサイトを訪問し、どのように利用しているか調べる必要があります。

それをもとに作戦を練り、さらなるウェブサイトの改善を行うことで、ウェブサイトによる売上や利益を増大できるのです。

これがいわゆるPDCAを回すということです。PDCAを回すためにウェブマスター(ホームページ管理者)には欠かせないのが「Google Analytics」。

どれくらいの人がウェブサイトを訪問し、どのように利用しているか調べる、アクセス解析ツールです。

もちろん茨木広告宣伝舎も制作したウェブサイト(ホームページ)にはアクセス解析のためにGoogle Analyticsを導入しています。

けさ、そのGoogle Analyticsからメールが送られてきました。これはすべてのGoogle Analytics利用者を対象にしいるようです。とはいえ、すべてのアカウントに送られてきているわけではないようです。

EU全域向けのデータプライバシー法「EU一般データ保護規則(GDPR)」が来月25日に発効することに対応したものです。

GDPRは1995年のデータ保護指令(Directive 95/46/EC)を改正するもので、EUデータ保護法の対象範囲を、EU居住者のデータを処理する外国の全ての企業に拡大するものです。

EUを含む欧州経済領域(EEA)域内で取得した「氏名」や「クレジットカード番号」などの個人データをEEA域外に移転することを原則禁止しています。

そしてEEA域内に現地法人・支店・駐在員事務所を置くすべての企業・団体・機関が、GDPRの適用対象となるようです。

さらにECサイトを運営していて、EUからも注文を受ける可能性がある場合、国内のサーバーであってもGDPRの適用対象となります。

GDPRに違反した場合は2000万ユーロ(約25億円)以下、もしくは全世界の年間売上高の4%以下のいずれか高い額を上限とする罰金が課せられます。

そんなことを知るといろいろ焦りますが、英語なのでチンプンカンプンです。なんとなく理解できるのはGoogle Analyticsのデータ保持期間が変わるようです。

辞書を引こうと思ったら、Google Analyticsのヘルプに日本語のドキュメントがありました。
https://support.google.com/analytics/answer/7667196

5月25日以降、Google アナリティクスのデータ保持コントロールを使用すると、保存されたユーザー単位やイベント単位のデータがアナリティクスのサーバーから自動的に削除されるまでの期間を設定できるようになるようです。

[Action Required] Important updates on Google Analytics Data Retention and the General Data Protection Regulation (GDPR)

Dear Google Analytics Administrator,
Over the past year we’ve shared how we are preparing to meet the requirements of the GDPR, the new data protection law coming into force on May 25, 2018. Today we are sharing more about important product changes that may impact your Google Analytics data, and other updates in preparation for the GDPR. This e-mail requires your attention and action even if your users are not based in the European Economic Area (EEA).
Product Updates
Today we introduced granular data retention controls that allow you to manage how long your user and event data is held on our servers. Starting May 25, 2018, user and event data will be retained according to these settings; Google Analytics will automatically delete user and event data that is older than the retention period you select. Note that these settings will not affect reports based on aggregated data.
Action: Please review these data retention settings and modify as needed.
Before May 25, we will also introduce a new user deletion tool that allows you to manage the deletion of all data associated with an individual user (e.g. site visitor) from your Google Analytics and/or Analytics 360 properties. This new automated tool will work based on any of the common identifiers sent to Analytics Client ID (i.e. standard Google Analytics first party cookie), User ID (if enabled), or App Instance ID (if using Google Analytics for Firebase). Details will be available on our Developers site shortly.
As always, we remain committed to providing ways to safeguard your data. Google Analytics and Analytics 360 will continue to offer a number of other features and policies around data collection, use, and retention to assist you in safeguarding your data. For example, features for customizable cookie settings, privacy controls, data sharing settings, data deletion on account termination, and IP anonymization may prove useful as you evaluate the impact of the GDPR for your company’s unique situation and Analytics implementation.
Contract And User Consent Related Updates
Contract changes
Google has been rolling out updates to our contractual terms for many products since last August, reflecting Google’s status as either data processor or data controller under the new law (see full classification of our Ads products). The new GDPR terms will supplement your current contract with Google and will come into force on May 25, 2018.
In both Google Analytics and Analytics 360, Google operates as a processor of personal data that is handled in the service.

For Google Analytics clients based outside the EEA and all Analytics 360 customers, updated data processing terms are available for your review/acceptance in your accounts (Admin ➝ Account Settings).
For Google Analytics clients based in the EEA, updated data processing terms have already been included in your terms.
If you don’t contract with Google for your use of our measurement products, you should seek advice from the parties with whom you contract.

Updated EU User Consent Policy
Per our advertising features policy, both Google Analytics and Analytics 360 customers using advertising features must comply with Google’s EU User Consent Policy. Google’s EU User Consent Policy is being updated to reflect new legal requirements of the GDPR. It sets out your responsibilities for making disclosures to, and obtaining consent from, end users of your sites and apps in the EEA.
Action: Even if you are not based in the EEA, please consider together with your legal department or advisors, whether your business will be in scope of the GDPR when using Google Analytics and Analytics 360 and review/accept the updated data processing terms as well as define your path for compliance with the EU User Consent Policy.
Find Out More
You can refer to privacy.google.com/businesses to learn more about Google’s data privacy policies and approach, as well as view our data processing terms.
We will continue to share further information on our plans in the coming weeks and will update relevant developer and help center documentation where necessary.
Thanks,
The Google Analytics Team

参考
「EU一般データ保護規則(GDPR)」に関わる実務ハンドブック(入門編)(2016年11月)
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2016/01/dcfcebc8265a8943.html

「EU一般データ保護規則(GDPR)」に関わる実務ハンドブック(実践編)(2017年8月)
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2017/01/76b450c94650862a.html

「EU一般データ保護規則(GDPR)」に関わる実務ハンドブック(第29条作業部会ガイドライン編)管理者および処理者の主導監督当局の特定(2018年2月)
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2018/01/9a90f1003bc16515.html

「EU一般データ保護規則(GDPR)」に関わる実務ハンドブック(第29条作業部会ガイドライン編)データポータビリティの権利(2018年2月)
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2018/01/2d8d30044cc65583.html

「EU一般データ保護規則(GDPR)」に関わる実務ハンドブック(第29条作業部会ガイドライン編)データ保護責任者(2018年2月)
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2018/01/28dd771ad2a2c020.html

一昨日の茨木市の天気

一日を通じて晴れて気温が20℃を超えました。

昨日の茨木市の天気

朝から気温が高く強い風が吹きました。曇りがちで夕方から雨が降りました。夜には雨が強くなりました。

今日の茨木市の天気

朝から比較的暖かく、晴れて気温が20℃を超えました。

ウェブマスター(ホームページ管理者)には欠かせないGoogle Analyticsからメールがきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から