調べものがあってインターネット通販サイト巡りをしていて気がつきました。意外に「お届け日」や「年内届け」の締め切りを表示していない通販サイトが多いのです。

もちろん年末年始の営業案内はほとんどの通販サイトが掲載しています。でも年内にデリバリーしてほしければいつまでに注文すればよいか書いていないのです。

通販の利用者にとってこの時期は年内に届くか、年明けに届くかは重要です。商品をお正月に使いたいとか、年末年始は旅行や帰省で不在だとか、とにかく通常と動きが違うのです。

ふだんは「ご注文から○○日」のような案内でもよいのでしょうが、この時期はお届け日や年内にお届けできる締め切りを案内をするべきでしょう。

案内している通販サイトとしていない通販サイトではあきらかにコンバージョンレートに差がつくことでしょう。

茨木広告宣伝舎が管理する通販では、ふだんからお届けのめやすをご案内しています。この時期は仕入先とも年末年始休業の日程確認なども手間がかかりますが、それが顧客のためであり、販促につながると信じているからです。

それにお恥ずかしい話ですが、数年前には大雑把にデリバリーをご案内したために、年末年始に届いた商品の多くが帰省などによる長期不在で大量に戻されてしまったこともありました。

ユーザーのためだけではなく、自社(自店)のためにも年末年始のデリバリーの案内は丁寧にするべきなのです。

この時期の通販は「お届け日」が重要だ
Tagged on:                                                         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から