WordPress4.6が一般向けにリリースされました。リリースノートは以下の通り。

最新式のアップデート

ページは移動しません。同じページ内でプラグインやテーマの更新、インストール、削除が可能です。

ネイティブフォント

WordPress ダッシュボードはデバイスにインストール済みのフォントを利用するようになります。ロード時間を短縮し、使用するデバイスによらず自然な操作感を与えます。

エディターの改善

インラインリンクチェッカー

誤って http://**********/wordpress.org にリンクしたことはありませんか? WordPress は自動的にリンクを確認し、ミスを防ぎます。

コンテンツリカバリー

文字を入力すると、WordPress はブラウザーに入力されたコンテンツを保存します。保存されたコンテンツの復旧は、WordPress 4.6 でより一層簡単になります。

開発者向けの変更

リソースヒント

リソースヒントによりブラウザはどのリソースをフェッチし、プリプロセスすべきかを決定できます。WordPress 4.6 では自動的にスタイルやスクリプトにリソースヒントを追加し、サイトのロード速度を向上します。

ロバストリクエスト

HTTP API は新たに Requests ライブラリを使用します。HTTP 標準への準拠が向上し、大文字小文字を意識しないヘッダー、並行 HTTP リクエスト、国際化ドメイン名のサポートが追加されます。

WP_Term_Query と WP_Post_Type

新しい WP_Term_Query クラスの追加によりターム情報の柔軟なクエリが可能です。また新しい WP_Post_Type オブジェクトにより直感的に投稿タイプを操作できます。

メタ登録 API

メタ登録 API はタイプ、説明、REST API 公開状態をサポートするよう拡張されました。

オンデマンド翻訳

WordPress.org の翻訳者コミュニティ でプラグインとテーマの新しい言語パックが利用できるようになるとすぐに WordPress にインストールされ、使用するようになるでしょう。

JavaScript ライブラリの更新

Masonry 3.3.2, imagesLoaded 3.2.0, MediaElement.js 2.22.0, TinyMCE 4.4.1, Backbone.js 1.3.3 を同梱しています。

設定バリデーションと通知のための カスタマイザー API

設定には バリデーションの制約を強化する API があります。同様にカスタマイザーは、何も表示せず失敗するのではなく、バリデーションエラーの表示に利用できるサポート通知をコントロールします。

これまでよりもずっと早いマルチサイト

キャッシュされた総合的なサイトのクエリは、サイトネットワーク管理者の体験を改善します。WP_Site_Query と WP_Network_Query が追加され、より少ない労力で高度なクエリを作成することができます。

WordPress4.6が一般向けにリリース
Tagged on:             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から