WordPressの最新バージョン4.6.1が一般向けにリリースされました。マイナーなアップデートということで15のバグフィックスのみが行われたようです。

脆弱性対応が含まれる場合もありますので、こうしたアップデートはこまめに実施しましょう。

また、経験則上はアップデートされていないWordPressはSEO的に不利になる傾向にあります。ひとつにはアップデートしないのは、メンテされずに放置されているウェブサイト(ホームページ)であるという要因もあります。

しかし、コンテンツ更新が継続されているウェブサイトでもアップデートしない場合は検索表示の順位がジリジリと下がる傾向にあります。

Googleはウェブサイトのセキュリティもアルゴリズムに含むためだと思われます。アップグレードしないと古いバージョンなのでセキュリティ的に問題が生じていると判断されるのでしょう。

くれぐれもWordPressのアップグレードは放置することないようにしましょう。

茨木広告宣伝舎(アド茨木)では、こうしたメンテナンスも標準サービスとして実施しております。

WordPress最新バージョンへのアップグレードはこまめにが吉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から