茨木市でウェブサイト制作(ホームページ制作)時に意識したいこと(2)

口コミやウワサのパワーは絶大です。インターネットにおいても口コミやうわさは強力です。 だからこそたとえば飲食店選びでは食べログやRettyなどのグルメ口コミサイトが参考にされますし、Amazonなど通販サイトで買い物をす

不寛容はインターネット時代の宿命

衆院選が終わりました。更新が滞ってしましましたが別に選挙で忙しかったからではありません。 商店街活性化のためのプロジェクトや出張があったり、見積もりや議事録などいろんな書類を作る仕事が溜まりまくっているからです。 忙しい

茨木市で商売するならホームページを制作するよりも…

茨木市は田舎です。 こんなことを書くと多くの茨木市民には反感を買うかもしれません。梅田も近いし、そこそこ街も栄えてるし、人も多いし、田舎ちゃうわ!と思われることでしょう。 ただ一つの考え方として、昼間人口が夜間人口より少

インターネットを捨てよ、リアル店舗へ出よう

インターネットのない時代の流行りというのは出所がよくわからないものがありました。 なぜか中学3年の同級生たちの間では突然ビートルズが流行りました。少し前までアイドルに夢中だったヤンチャな子らが卒業文集になぜかLet it

55%攻撃論で精度も維持しつつ日本の生産性は高まる(たぶん)

某百貨店の新入社員研修で「55%攻撃論」ということばを教えられました。創業家の優秀な2代目の言葉だそうで、55%の成功可能性があるならやればよい、という意味だそうです。 その数か月後に配属された職場で部長の口癖は「段取り

茨木市の広報やフェイスブックに載ればホームページ(ウェブサイト)にも集客できる

構想から2年近く、そして半年以上かけて準備を進めてきたイベントがようやく開催にこぎつけました。 その甲斐あってこのイベントが茨木市の広報に載せてもらえました。またイベントに付属して進めてきたプロジェクトも茨木市のフェイス

当選する政治家はホームページ(ウェブサイト)とソーシャルメディアでセルフブランディングしてる

この3連休にわかに永田町が慌ただしくなりました。安倍総理が今月末に衆議院を解散することを決めたというのです。 解散権は総理大臣の伝家の宝刀で、抜くぞ抜くぞと脅すから意味があるといいます。いつ抜くか分かればその威光は失われ

ネットで検索できないイベントは無かったことにされる

オトナの事情でまだ広告宣伝できないのですが、こんど「あるところ」でイベントを開催します。これまたオトナの事情ではっきり書けないのですが、そのイベントと同じ性質のイベントがその「あるところ」で先日行われました。 オトナの事

暑さのせいか炎上しまくってまんまと乗せられる僕等

暑い日が続きます。今日の茨木市も厳しい暑さで、午後に外出すると確実に体力を奪われるのがわかりました。 暑いからではないのかもしれませんが、インターネット界隈では炎上が相次いでいます。吹田市・摂津市(大阪7区)選出の上西小

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から