ウェブサイト(ホームページ)にきちんとSEOの内部対策を行っているのに、なぜか上位に表示されないときがあります。

ひとつには間違った方法でコーディングを行っていて順位が上がらないということがあります。

じつはプロの作ったホームページでもコーディングが杜撰なページはかなりあります。だからこそちょっと内部対策を行うだけで効果が出ます。

もしAIが進化して自動でW3C準拠の完璧なコーディングをするようになったら、逆にもう商売上がったりという気がします。

少し話が本題からそれました。とにかく間違ったコーディングで順位が上がらないときは、ぜひ茨木広告宣伝舎にご相談ください。

そうでなくても、順位が上がらないときにまずチェックすべきなのがウェブマスターツールです。

ウェブマスターツール
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

というのも順位が上がらないのではなく、そもそもGoogleにインデックスされていないということがあります。

Googleなどの検索エンジンはクローラーやボットと呼ばれるプログラムがインターネットを自動で巡回(クロール)しています。

巡回しながらどのようなウェブサイトがあって、どのようなコンテンツを持っているか記録し、目次化(インデックス)していきます。

そうすることでさまざまな検索に対して適切な(と思われる)検索結果を返しているのです。

しかし、ウェブサイトが外部からリンクされていない、いわばインターネットという大海原の離れ小島状態だと、クローラーが立ち寄ってくれないことがあります。そうすると永遠にインデックスされず、上位表示も望めないということになります。

この場合は離れ小島からGoogleにメッセージボトルを流して、存在を主張する必要がああります。XMLサイトマップというものをGoogleに送信するのです。

XMLサイトマップを送信するためのツールが、さきほどのウェブマスターツールなのです。(サイトマップの送信以外にもさまざまな機能があります。それらはまたの機会に書きます。)

XMLサイトマップは、レンタルブログサービスなどでは自動で生成されるものがあります。その場合はGoogleも自動でクロールしてくれます。

しかしWordPressやその他のCMS、またはHTMLでコーディングされた静的ページなどはデフォルトではXMLサイトマップを持っていません。

しかしWordPressではプラグインでXMLサイトマップを生成することができるものがあります。(他のCMSでも同様です)

茨木広告宣伝舎では当然XMLサイトマップの生成も、ウェブマスターツールへの送信も行いますのでご安心ください。

SEOを(正しい方法で)頑張っているのに成果が上がらないという方は、ぜひウェブマスターツールをチェックしてみて下さい。

ちなみにBingにも(まだ多分)ウェブマスターツールはあります。ただ検索シェアが低いので最近はあまり利用していません。

SEOの効果が出てない?そのときはまずウェブマスターツールを確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から