SEOの成果が上がって狙ったキーワードで上位表示できても、意外に来訪者が増えないことがあります。

もちろんキーワードごとに需要があるわけで、そもそもの需要が少ないこともありえます。

それがニッチなキーワードで来訪者が少なくても、その少ない中で売上が上がったり、問合せがあればよいことになります。

しかし、本来そのジャンル全体では需要が多いはずなのに、そのキーワードだけ来訪が少ない場合があります。その場合は狙ったキーワードの検索回数が少ないことが推測されます。

この場合はそのキーワードと同じ意味で異なるキーワードを探すとよいかもしれません。

Googleキーワードプランナーなどのキーワードツールや検索エンジンのサジェスト(類似のキーワード候補)を利用するのがもっとも手軽ですが、類語辞典やシソーラスを利用してみてもよいかもしれません。

キーワードプランナー
https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

※もともとはAdWordsというキーワード広告出稿に使うためのツールですので、出稿していない場合に表示される検索回数の精度が下がっています。

茨木広告宣伝舎も類語辞典などを駆使してキーワード選定を支援します。

SEOにまず必要なのは類語辞典(シソーラス)かもしれない
Tagged on:                                 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から