Googleの提供するオープンソースのウェブフォント「Google Fonts」。じつは茨木広告宣伝舎のホームページ(ウェブサイト)も、hタグなどのポイントで利用しています。

でも、日本語向けのフォントはNoto Sansしかありませんでした。

これではトンマナ(トーンとマナー)の点でもいろいろ問題がありました(たとえば和風のデザインなどにはマッチしないとか)。

ところがこのほど明朝体や丸ゴシックなどの新たな日本語ウェブフォントの提供が始まるようです。

Google Fonts 早期アクセス」というサービスでは、「現時点で完全にはサポートしていないフォントを試験的に提供」してくれているそうです。

ひとことでいうと、β版のGoogle Fontsということでしょうか。ここにさきほどの明朝体や丸ゴシックなど8つのフォントが加わりました。

  • M+ 1p
  • Rounded M+ 1c
  • はんなり明朝
  • こころ明朝
  • さわらび明朝
  • さわらびゴシック
  • ニコモジ
  • ニクキュウ

正直ニコモジとかニクキュウは使いどころがなさそうですが、明朝は3書体、丸ゴシックも加わったことで格段にウェブの表現力が上がりそうです。

個人的にはGoogle Fontsにぜひ創英角ポップ体を加えていただきたいと切に望みます。うそです。

Google Fontsの充実でウェブサイトの表現力が格段に上がるかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から