Googleがモバイルファーストでインデックスするといううわさは、すでに伝えられています。

このうわさについて「Googleウェブマスター向け公式ブログ」が言及しました。

「将来的に Google のアルゴリズムはモバイル版のコンテンツを主に使用するようになります。つまり、ページのランキングを決定したり、構造化データを理解したり、検索結果にスニペットを表示する際も、モバイル版のコンテンツが使用されるようになります。」ということで、うわさを認めた形です。

「今後数カ月にわたって小規模の実験を入念に行い、素晴らしいユーザー体験を提供していると自信をもって判断した時点でより広範囲にわたって変更を反映」するそうです。

つまり数ヵ月後にはレスポンシブデザインやスマホ専用ページを持たない、PC向けしか対応しないホームページ(ウェブサイト)は検索エンジンからの評価を大きく落とす可能性があるということです。

極端な言い方をすると、スマホ対応していないホームページ(ウェブサイト)は存在しないのと同じということです。

ちなみに「レスポンシブデザインや動的な配信を行っているサイトで、主要なコンテンツやマークアップがモバイル版とデスクトップ版で同一である場合は、何も変更する必要はありません。」ということです。

茨木広告宣伝舎は、WordPressでレスポンシブデザインのテーマをベースにホームページ(ウェブサイト)を構築しています。Googleの動きにも対応しています。

茨木市・高槻市・吹田市・摂津市など北摂でホームページ(ウェブサイト)を開設したい方はぜひ茨木広告宣伝舎にご相談ください。

Googleがモバイルファースト インデックスについて言及

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から