B2Cの商売をされている方ならご存知の通り、この時期は年間でもっとも商売の厳しい時期です。年末年始で支出が多かった反動で倹約する傾向にあるので消費が落ち込みます。

衣料品などファッション関連ではクリアランス(バーゲン)が始まりますが、まだ値引率も低いこともあって下旬の給料日までは売上も伸びにくい時期です。

殊に食料品や飲食、家電、耐久消費財などは非常に厳しい時期だと思います。さらに高齢者向けの商売であれば2月15日の年金支給日まで厳しい状況は続くと思われます。

こうした時期には、下手に販売促進など集客策を乱発しても体力を消耗するだけです。こうした時期こそリアル店舗や、バーチャル店舗(ウェブサイト・通販サイト)の見直しを行うべきです。

ウェブサイト(ホームページ)や通販サイトは、アクセス解析などのデータを分析して改善点を探りましょう。特にSEOを行っている場合は、SEOを施しているキーワードが上位表示されているか確認しましょう。

キーワードが上位表示されているのに、そこからの流入が少ない場合は、キーワードの見直しも必要です。より顧客や見込客がクリックしたくなるキーワードを探り、そのキーワードにもSEOを施しましょう。

SEOは短期で結果が出るものではありません。比較的時間が取れる時期に施策を実施しておけば、1ヶ月ほどして年度替りの需要期に効果測定しやすくなることでしょう。

リアル店舗の見直しはご自分で行われるのが効率がよいと思います。ウェブサイト(ホームページ)や通販サイトなどの見直しは、ぜひ茨木広告宣伝舎にお任せください。

1月はリアル店舗もホームページ・通販サイトも見直しのチャンス
Tagged on:                                                                     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から