今日は立命館大学大阪いばらきキャンパスで行われている「Asia Week」を訪れてきました。

Asia Weekは「~立命館でアジアとつながる9日間!~」をキャッチフレーズに、「アジアのゲートウェイ」をコンセプトの1つとする大阪いばらきキャンパスで留学生・学生が主体となって企画した催しを茨木市など地域に届けるアジアに関連した国際交流フェスタです。

その中でも「留学生がとらえた茨木とは、その魅力とは」という報告を聴きに行ってきました。

茨木を中心に地元密着・地元密着のビジネスを支援する茨木広告宣伝舎としては、茨木市を留学生がどのように見ていて、魅力を感じているか知ることでウェブサイト制作(ホームページ制作)に活用できるのではないかと思ったのです。

もっとも日本語に習熟した留学生向けの日本語の講座の取り組みで、茨木市役所や茨木高校のまちづくりを学ぶ生徒とのコラボレーションのもと、半期の講座の中で茨木について調べて小冊子にまとめたものを報告していました。

残念ながら半期の講座ということで取り組みを深めきれていない部分もありましたが、いろいろヒントはいただきました。

大阪いばらきキャンパスができて2年目。大学や学生のパワーが茨木市のまちを活性化してくれるきっかけになればいいと思いました。

茨木市の商圏を深く知るための取り組み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から