先週依頼されたウェブサイト制作(ホームページ制作)の超特急案件は、箕面市の福祉関連事業所のウェブサイト(ホームページ)です。本来であれば営業エリア外ですが、本社が茨木市内なので受注しました。

資料を受け取ったのが金曜日の夕方。金曜深夜にサーバーにWordPressを設置して、デザインのベースとなるテーマ(デザインテンプレート)を選びました。

できれば使ったことのあるテーマがよかったのですが、クライアントの希望を満たすのは初めて使うテーマになってしまいした。

土日でテキストだけ流し込みました。定義リストを入力したり、表を組んでいる時間もないので、まずはテキストをベタ打ちしました。

クライアントからロゴデータも届いていないので、ほとんどデザインをせずに公開しました。ようやく今日から通常業務の合間をぬって、表をきちんとテーブルにしたり多少HTMLをいじる段階になりましたが、まだこれから打合せを重ねて精度を上げていく段階です。

はじめてのテーマだけにデザインの調整は手探りになります。グローバルナビゲーションのデザインを調整しはじめましたが、下手をするとテーマを自作するのと変わらないデザイン変更なので苦戦中です。

しかしそれ以上に苦戦しそうなのはSEOです。あまり縁のない業界だけに着手してわかったのは、競合サイトが強い上に、多いということです。

市役所や厚生労働省など公的機関のウェブサイト(ホームページ)にも事業所の情報が掲載されているので、これより上位に表示するのは難易度が高そうです。事業所名ならば何とかなりそうですが、「地名+業種」のようなキーワードでは短期的には勝ち目はありません。

しかも意外に福祉関連の事業所数は多く、競合過多状態です。長く運営しているウェブサイト(ホームページ)に勝つのは容易ではありません。

このようなウェブサイト(ホームページ)がSEOで成果を出すためには、こまめにコツコツと投稿し続けるしかありません。

競合の多い業態の東京にある飲食店が、ほぼ毎日投稿することで上位表示を維持するどころか、順位をあげて圧倒的に強くなった例もあります。

福祉関連事業所のウェブサイトはSEO難易度が高い
Tagged on:                                                                                             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から