ある店舗が看板をいたるところに設置していました。建物の壁面に大きな看板を設置しているのに、店の入口や建物の入口などに電飾看板を設置していたのです。

看板の役目は店舗があることを通行人に認知してもらうためのものです。さらにウェブサイト(ホームページ)などを見て来店した顧客に対して分かりやすくするためです。

業態にもよりますが、ある閾値を超えるとどんな看板を設置してもそれ以上集客につながることはありません。むしろ情報が多すぎて単なる風景になってしまうことすらあります。

それよりもウェブサイト(ホームページ)やSNSに力を入れるべきです。看板は見える範囲でしか販促や集客の効果はありませんが、インターネットであれば商圏内の顧客を効率よく集客できます。高い看板代よりもはるかに安価に集客できます。

直接的に商品や業態をアピールするよりも、潜在需要を喚起するような広告宣伝ができるとよりレスポンスは良くなります。

業態にもよりますが今の時期なら「お歳暮」「忘年会」「プレゼント」などのキーワードは強そうです。

茨木広告宣伝舎は潜在需要を喚起できるキーワード探しやコンテンツ作りもお手伝いたします。

看板を増やすよりもウェブサイト(ホームページ)を強化するほうが販促や集客できる
Tagged on:                                                                         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から