12月に入って歳末ムードが盛り上がってきました。先日もスーパーマーケットに行くともうクリスマスどころかしめ縄やしめ飾りが販売されていて驚きました。小売店や飲食店などではクリスマスの飾りつけをしているところも多いでしょう。

こうした装飾やディスプレー、そしてウェブサイト(ホームページ)のデザインを模様替えするのはもちろん意味があります。

ひとつは季節感を盛り上げて、それにともなう消費行動を喚起するためです。クリスマスの装飾をすると、プレゼントを用意しなくてはとか、忘年会の予約しなきゃとか考えてしまいます。しかしそれよりも大きな効果があります。

クリスマスなど季節に応じた年中行事や歳時記の装飾やディスプレー、ウェブサイト(ホームページ)の模様替えを行うことで、訪れた顧客やユーザーが「この店(ウェブサイト)は営業し続けている」と判断してくれます。

これが更新されていなければ季節はずれでチグハグな印象を与えてしまいます。すると顧客やユーザーは「この店は営業しているのだろうか」と不安になったりします。

営業していない、あるいはほとんど手の入れられていない店舗やウェブサイト(特にインターネット通販サイト)を利用しようとは思わないはずです。

だからこそ積極的に季節に応じた装飾やディスプレー、ウェブサイト(ホームページ)の模様替えは励行しましょう。

こうした季節に応じた模様替えはワンポイントでもいいので、できるだけ目立つようにしましょう。たとえばお店なら店舗のドアのところに大きなクリスマスリースを掲げて、店内にはクリスマスツリーを置くとかでもよいかもしれません。

ただしあまりゴテゴテと飾り付けすると下品だったりセンスが悪くなってしまいます。

ウェブサイトであればヘッダーのロゴの色を変えてみるとか(ロゴには色などのレギュレーションを設けておくとよいかもしれません)、スライダーの画像を変更すると効果的です。ロゴにサンタクロースの帽子をかぶせてみるというのも面白いかもしれません。

とにかく季節に応じて目に見える形でワンポイントの模様替えを行うことで、顧客は営業していると判断してくれます。

季節に応じて装飾やディスプレー、ウェブサイト(ホームページ)を模様替えする効果とは
Tagged on:                                                                                                 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から