明日は二十四節気の大寒です。立春直前で冬も終わりかけのこの時期は、年間を通じてもっとも寒さが厳しいとされています。

身体がいい加減寒さに慣れてくる時期、ウェザーマーチャンダイジング(ウェザーマーケティング)的には、降温商品(気温が下がる時期に需要が増える商品)昇温商品(気温が上がる時期に需要が増える商品)でもない、季節の変わり目の商品の需要が増えるとされています。

食料品の場合、降温商品はこってりしたカロリーの高いもの、昇温商品はあっさりしたカロリーの低いものとされています。しかし季節の変わり目(身体が熱さや寒さに慣れてきた時期)の商品は、両方の性格を併せ持つものになるそうです。具体的には中華料理やパンなどに需要があるそうです。

ファッションやリビングの場合は季節を先取りしたものの動きになるかもしれません。いわゆる梅春物です。色は春物で明るい色合いでも生地は厚手なものです。

広告宣伝は季節を先取りするのも手ですが、暖色でも寒色でもないモノトーンのようなニュートラルな色遣いで打ち出すのがよいのかもしれません。

こうした気温の変動を意識して品揃えをすると同時にウェブサイト(ホームページ)でもランディングページとなるべき特集ページなどを作成して販売促進を行いましょう。

大寒の時期のウェザーマーチャンダイジング(ウェザーマーケティング)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から