ドナルド・トランプ大統領が就任して1週間。ついにトランプノミクスのメッキが剥がれ落ちてきました。イスラム教徒の多い国の国民や難民の入国禁止令が大きな混乱を起こし、経済にも大きな影響を及ぼし始めました。

ダウがついに2万ドルを割ったことで今日の日本市場も大きく下げました。トランプ大統領はもう少し現実と折り合いをつけられる人かと思っていたら、そうではなかったようです。リーマンショックから回復基調にあった世界経済にも変調をきたすかもしれません。

ダウが下げるとそれ以上に下げる日本の株価ですので、ドル安誘導やアメリカファーストもあって大きく影響をうけそうです。北摂の地元密着(地域密着)ビジネスもトランプノミクス不況に備えなければいけません。

第一次産業の比率が低く、サラリーマンや転勤族の多い吹田市・茨木市・高槻市は特に北摂でも景気の変動の影響を受けやすい地域です。

売上が下がるということを見越すと、まずは変動費を削減する必要があります。広告宣伝費の見直しは変動費削減に大きな効果が出ます。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などメスメディア媒体の広告をぜひウェブ(インターネット)広告にシフトしてみて下さい。大きく低減できるはずです。

また固定費的な性質を持つウェブサイト(ホームページ)の費用も馬鹿になりません。ぜひ制作会社の乗り換えもご検討ください。茨木広告宣伝舎は低価格で、スマホ対応など最新の機能を実装した販売促進・集客に強いウェブサイトを制作します。

北摂の地元密着ビジネスはトランプノミクス不況をこう乗り切れ
Tagged on:                                                                                                                 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から