地域密着型ビジネスのSEOはビッグキーワードとロングテールの両方を意識しましょう。ビッグキーワードとは業種名、アイテム名など検索回数が多いであろうキーワードのことです。

たとえば「居酒屋」「美容室」「リフォーム」などのようなキーワードです。地域密着型ビジネスの場合は、これらと「茨木」「高槻」「摂津富田」「江坂」「北摂」など地名とのかけ合せも充分にビッグキーワードです。

リスティング広告などを実施する広告主向けのキーワードツールで検索回数がチェックできます。Googleなどで検索した時にサジェストされるキーワードも当然検索回数が多いということで、これらもビッグキーワードです。

これらは当然に狙いに行くべきであり、だからこそ質はどうであれ数多くのSEO業者が跋扈しているのです。ただ簡単には上位表示できないのも事実です。また上位表示されてもすぐに逆転されることもありえます。

その場合は有料広告を出稿することやSNSなどで集客することも検討すべきなのですが、ビッグキーワードをあきらめるのも手です。もちろん本当に諦めるのではなく、手は尽くした上であとは天命を待つ、つまりいつの日か上位表示されることを目指すのです。

ビッグキーワードの場合は、ユーザーが数ある商品やサービスを比較検討するので、2ページ目や3ページ目でも検索流入があることもまれではありません。

その上で、ビッグキーワードと関連の深いことば、あるいはユーザー(顧客)のライフスタイルや嗜好と関連の高いことばもキーワードとして上位表示を目指すのがロングテールSEOです。

飲食店であれば、たとえば特徴的なドリンクやフードなどのメニューや、誕生日や忘年会などのイベントなどが考えられます。

また美容室であれば、たとえばカラーリングやパーマ、シャギーなどの技法や、ヤングやミセスなどの対象年齢なども考えられます。

こうしたロングテールのキーワードで競合が少ないものをうまく選定すると、ビッグワードよりも流入があり、しかもコンバージョン(実際に来店、問合せ、購入)する率が上がります。

こうしたロングテールSEOは実際に商売をしているクライアント様自身でキーワードを探していただくのが確実です。顧客との会話など日々の営業活動にもヒントがあります。

茨木広告宣伝舎では、ウェブサイト制作後も継続的にお付き合いさせていただきますので、随時こうしたキーワードも追加してSEOを行います。

地域密着ビジネスのSEOはビッグキーワードとロングテールの両方を意識する

2 thoughts on “地域密着ビジネスのSEOはビッグキーワードとロングテールの両方を意識する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から