ある健康食品に関連したウェブサイトを運営している会社が、そのウェブサイトの広告宣伝を目的にインスタグラム(instagram)で一般人を装ったアカウントを開設・運用していたことがバレて炎上したようです。

https://anond.hatelabo.jp/20170830205112

いわゆるステルスマーケティングという広告手法です。ステルスマーケティングの問題点は、受け手に広告だということを知らせずに広告を行うという点です。

記事広告など一般的なコンテンツと見分けがつきにくい広告は「PR」とか「広告」と表示することで、あくまでも広告宣伝であることを知らせるのが通常です。

もちろん、今回のインスタでは一切広告用のアカウントであることは表記されていなかったようです。

あくまでもある主婦が、青汁でダイエットに成功した体験をinstagramで語っていたようです。いや、騙っていたようです。

そして巧みに運営会社の健康食品に関連したウェブサイトへ誘導して、そこからさまざまなメーカーの青汁を購入させる形でアフィリエイト収入を得ていたようです。

これが伝聞調であるのには理由があります。このウェブサイト(ホームページ)がすでに閉鎖されてしまったからです。

それにしてもこれがバレた理由がお粗末です。このアカウントを運用していた女性従業員がプライベートで非公開のtwitterアカウントを開設して、そこで愚痴としてステルスマーケティングの内幕を垂れ流していたからだそうです。

そして彼女をインスタグラムとツイッター両方でフォローしていた人が、それを2ちゃんねるで暴露したことで露見したというのです。
https://itest.2ch.net/test/read.cgi/net/1503272059/

ダイエットを成果をBefore/After(ビフォーアフター)でみせるために、会社の指示で予め10kgほど太ったことや、instagramのフォロワーを見下すような発言をしていたことも暴露されたようです。

※ビフォーアフターは放送などのマス広告では基本的には禁止されています。ライザップのように、厳密にデータを取得して比較する必要があります。

この運営会社は自ら「インターネットメディア運営・マーケティングが得意な会社」と名乗っています。

「インターネット上でのメディア運営やWEBマーケティング、SEO集客、PPC集客を得意分野とする会社です。中でもウェブサイトの企画・作成・運営で実績をあげています。日々変化するインターネットマーケティングの中で消費者のニーズをいち早く察知しそのニーズを満たすメディアを企画・運営しています」と自負しているようです。

それにしてはお粗末でした。ステマをやるならやりきらないと、このような結果しか生みません。

そもそもこのアカウントに誘導されて、青汁ダイエットをしたひとから訴えられる可能性すらあります。やはり広告はまっとうな手法で行うべきです。

このような悪事に手を染めたからこそ従業員も後ろめたさがあって、自らソーシャルメディアで暴露してしまったのかもしれません。

茨木広告宣伝舎ではまっとうな手段で地元密着のビジネスを支援します。

昨日の茨木市の天気

すっきりと晴れて気温が上がりました。北からの爽やかな風が強く吹きました。

今日の茨木市の天気

朝方は涼しく感じました。昨日に続いて強い風が吹きました。昼間も晴れて気温が上がりましたが、日陰では涼しく感じました。

ステマ(ステルスマーケティング)やるなら徹底的にステルスすべきだった案件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から