手っ取り早くウェブサイト(ホームページ)に集客したい。そんなときは有料広告が最短コース。

リスティング広告のキーワードがうまくハマると、お客さんがやってきます。ただし、その先はもちろんウェブサイトのコンテンツしだいです。

さて、いっぽうで集客したいけど予算がないという場合は、汗をかくしかありません。SNSを活用しましょう。

まずは媒体(SNS)選びから。

twitter

もっともSNS運用初心者向けなのがtwitterでしょう。機能がシンプルな上に、会社や店として運用すればプライバシーも守られそうで、気楽に使えそうです。

しかし、効果を出しにくいのが難点。フォロワーをある程度増やさないと、なかなか情報が拡散して(リツイートや引用されるなど)、リーチしているという実感はありません。

フォロワーもうまく見込客だけに絞り込んで増やせればいいですが、スパムアカウントとかただフォロワーを増やしたいアカウントとかばかりフォローしてくるという状況になることも。

とはいえ、うまくツイートしていけば見込客となるフォロワーも増えます。

facebook(facebookページ)

どんどん仕組みが複雑化していて使いづらい部分もありますが、効果が期待しやすいメディアです。

しかもリアルの友人・知人に向けても発信できるので、プライバシー的に多少わずらわしい部分もありますが、拡散(シェア)してもらえる可能性は高いのがメリットです。

シェアしてくれた人が友人の多いインフレンサー的な人だと、そのリーチっぷりは桁違いです。

Pinterest

ちょっとピークは過ぎました。いまさら押さえる必要はありません。

Instagram

今がピークかもしれません。余裕があれば使ったほうがよいでしょう。特に若年層向け、かつ女性向けなら効果は期待できます。

Vine

若年層が多く、ビジネス向けにはまだ時期尚早かもしれません。

他にもいろいろありますが、とりあえず今日はこのくらいにしておきましょう。

ここまで読むとfacebookが良さそうと思う方が7割くらいだと思います。twitterも2割弱ありそうですが、twitterはアカウント開設してはひたすらつぶやいて、フォローしていくしかありません。

そこでfacebookをどう使うのか、ということも書いておきましょう。

facebookページを開設する

まずはfacebookページを作成しましょう。

友達などに「いいね!」してもらう

「友達に『いいね!』をリクエスト」から友達にページ開設を知らせて、「いいね!」してもらいましょう。

(できれば)友達などに管理人になってもらう

facebookページに「いいね!」した人は管理人に任命できます。会社や店、プロジェクトのメンバーは管理人にしてしまいましょう。一人で管理するよりもラクです。

ウェブサイト(ホームページ)の情報をfacebookページでシェアする

ウェブサイト(ホームページ)の投稿やページなどをどんどんシェアしましょう。facebookページに「いいね!」している人のタイムラインに表示されます。

茨木広告宣伝舎では、作成したウェブサイト上にはSNSなどのシェアボタン、ツイートボタンを設置します。このボタンをクリックすれば簡単にシェアできます。

他の管理人や友達に「いいね!」やシェアしてもらう

他の管理人はもちろん、友達にも「いいね!」やシェアしてもらいましょう。もちろん自分個人としてもシェアや「いいね!」しておきましょう。

シェアされると、シェアしてくれた人の友達のタイムラインに表示されます。

さらに友達の友達がシェアしてくれると友達の輪…、もできるかもしれませんが、より多く(語弊はありますが)ネズミ算式に拡散して多くの人にリーチします。

さぁfacebookページを始めましょう!

シェア(Share)してシェア(Share)してもらえば集客がシャレにならない
Tagged on:                                                                     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から