情報発信するだけのウェブサイト(ホームページ)ではあまり気にする必要はありませんが、インターネット通販ではコード体系は非常に重要です。

たいていのECパッケージでは必要最低限のコード体系は実装していますが、PDCAサイクルを回すのに充分な分析のためのコード体系は持っていません。

コード体系はそれ自体がビジネスモデルだといってもよいほど重要です。商品やサービスを売る上でさまざまな商品分類や商品コードがあったり、顧客についてもいろんな属性を把握していたりするものです。

こうした情報をきちんとインターネット通販サイトでも収集し、分析に役立てられるようにするべきです。もちろんECパッケージ上で分析しようとする大変ですので、必要に応じてCSVなどでデータをダウンロードして統計パッケージで分析するとよいでしょう。

統計パッケージはSPSSやSAS、Statisticaなど高価なものが多いですが、Rという統計パッケージはOSSです。クロス集計から多変量解析まで対応しています。

すぐには分析できなくても将来に備えてデータは蓄積しておきましょう。将来大きな財産になることでしょう。そしてその前提としてコード体系はきちんと整備しておきましょう。

コード体系はそれ自体がビジネスモデルだ
Tagged on:                                                                                                             

One thought on “コード体系はそれ自体がビジネスモデルだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から