あなたのお店や会社でウェブサイト(ホームページ)を開設したときに、それを見てどのくらい人が来店したり、問合せしているか確認する(効果測定)は重要です。

できればどのページを見て来店・問合せしているかも把握しておきたいところです。

アクセス解析と併用して、ページを閲覧した人数のうち、来店・問合せ(コンバージョン)する比率(コンバージョン・レート、転換率)を知ることができるからです。

コンバージョンレートを知ることでどのようなプロモーション(販売促進)やキャンペーンが顧客に刺さったのかを知り、次のプロモーションやキャンペーンの改善に活用できます。

そしてコンバージョンレートの高いキャンペーンやプロモーションはSEOや有料広告なども含めて積極的に宣伝して、露出を高めることが効率的な集客につながります。

EC(インターネット通販)での購入や問合せフォームからの問合せは、アクセス解析でコンバージョンを把握できます。しかし、リアル店舗への来店や電話での問合せはアクセス解析では把握することができません。

リアル店舗では来店者へのウェブ限定クーポンなどウェブサイトを見て来店や問合せした顧客への特典を用意しましょう。

場合によってはページごとに「合言葉」を設定することで、閲覧ページも把握することができるかもしれません。

そこまでしなくても、ウェブ限定クーポンなどを呈示した顧客に「どのページをごらんになりましたか」とヒアリングしたり、購買行動を見ることでどのようなページを見てきたか把握することはできます。

ウェブサイトがあっても、リアル店舗では接客は重要な情報収集や宣伝の手段であることには変わりはないのです。

リアル店舗でウェブサイト(ホームページ)の効果測定を行う方法
Tagged on:                                                                                                             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から