インターネット通販サイトを運営する場合、単品勝負ということはあまりないはずです。複数の商品を販売しているはずですし、むしろ点数を増やす方向に走ることが多いと思います。

インターネット通販では取扱い点数を増やしたほうがロングテールで集客や販売促進の効果がでたり、SEOの観点からも有利に働く可能性が高いとされるからです。

また、「購入金額○○円以上で送料無料」などのように条件付き送料無料の通販サイトの場合、金額調整のための「ちょい足し商品」の需要もあります。

そのため、ネットショップ向けにそのような「肉付け商品」を専門に卸売りする商社まであるほどです。

今日はインターネット通販サイトで販売商品を増やすときに留意すべきことをお知らせしたいと思います。

それは、全商品ページのコンテンツを共通した統一フォーマットで制作するということです。商品ごとにフォーマットがバラバラではお客さんが戸惑うからです。

だから自社のインターネット通販サイトに適したフォーマットを練り上げて、全商品ページに適用していくべきです。

ここでいうフォーマットとはデザイン面のことではありません。多くのショッピングモールやASP、通販パッケージ(ECパッケージ)ではだいたいデザインのフォーマットは確立されています。

それを無理にオリジナルのものに組み替える必要はありません。むしろ独自のフォーマットを練り上げていくのはテキストのコンテンツのことです。

各ショップやストアの事情や、商品の特性もあるので、どんなフォーマットがよいとは一概に言えません。

だいたいはキャッチコピーがあって、リードコピー、ボディコピーと続く流れがあります。そして最後のほうに商品の詳細情報があるはずです。このようなページの構成を統一するということです。

商品の詳細情報の前に、たとえば商品の使い方、受賞歴、(ファッションなら)コーディネート、(食べ物なら)調理方法とか、製品の開発秘話、ショップ情報/ブランド情報といった取扱商品に共通した情報をすべての商品ページに共通した構成で掲載するのです。

もちろんこれらの情報は商品ページとは別にページを設けることも多いと思います。しかし検索で流入する場合、商品ページがランディングページとなることも多いと思います。

そうしたユーザーに別のページを訪問してもらうのは手間ですし、わざわざ別のページ遷移してくれるとは限りません。

それであれば商品ページで、さまざまな情報をサマリー的にでもよいので押さえておくべきです。もっと詳しく知りたいユーザーには、別に設けたページのリンクを掲載しておいて、そこへ遷移してもらえばよいのです。

Yahoo!ショッピングの「ストアクリエイターPro」(管理画面)でもそうしたフォーマットを落とし込むことを意識して、商品情報を掲載できるスペースが6つも設定されています。

とくにYahoo!ショッピングではページのフォーマットを作りこんでいくと、Yahoo!ショッピング内の検索順位もあがります。

少しずつ効果を検証しながら、すべての商品のフォーマットを修正していくと集客やコンバージョンレート向上に貢献するはずです。

【今日の茨木の天気】
朝から20℃ほどあって今年いちばんの暑さだったようです。一日中晴れていて30℃ほどになって汗ばむ天気でした。

ユーザーフレンドリーなインターネット通販サイトには統一フォーマットがある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から