先日、茨木広告宣伝舎でウェブサイト(ホームページ)を制作した施設が夕方のニュースワイドで紹介されました。約15分間にわたって放送され、施設名や代表の方のインタビューまで放映されました。

ウェブサイト(ホームページ)にアクセスが集中する可能性がありましたので、リアルタイムでモニターしていました。

Google Analyticsのリアルタイムで最大160超もの同時アクセスがありましたが、特に重くなることもなく閲覧できていました。

このウェブサイト(ホームページ)については、通常はさほどアクセスも多くなく、また急な増減などもないことから、コストも考慮して通常のレンタルサーバーで運用しています。

それでも通常通り運用できたのは、ひとつはWordPressというCMSが優秀だということでしょう。他のCMSと比較しても軽いように思います。

EC(インターネット通販)用のパッケージだということもあり、DB操作も多くなるので一概に比較はできませんが、EC-CUBEはスケーラビリティを持たせたAWS(Amanzon Web service)も落ちることがありましたので、WordPressの軽さは目立ちます。

アクセス集中でも耐えるWordPressはよくできたCMSだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から