ウェブサイト(ホームページ)やSNSは震災時に欠かせないインフラになった

これまで茨木広告宣伝舎は、災害時のBCP(事業継続計画)やホームページ運用(ウェブサイト運用)など、災害対応の取り組みについてご紹介やご提案をおこなってきました。 このたびの地震はそれを実践する場とするべきでしたが、実際

吹田市・摂津市の停電で都市インフラの脆弱さを思い知る

今日は朝6時前から吹田市・摂津市・東淀川区にわたる広域で停電がありました。完全な復旧は夕方5時台だったそうです。 半日停電すると非常用電源ではしのげず業務が丸一日止まった事業所もあったことでしょう。 エアコンが使えず暑い

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から