たった1本のメールが永遠に企業イメージを毀損する

茨木や高槻を襲った大阪北部地震は、幸いにも大きな余震がありませんでした。しかし北海道の地震は未だに余震が続いているようです。 そしてここのところ千葉や茨城の地震が多いように思います。今日も千葉で震度4の地震がありました。

北摂の広報担当必見!プレスリリースを送りたい茨木・高槻・吹田・摂津のネットニュースサイトまとめ(2018年版)

2017年4月に北摂のニュースサイトまとめを作成しました。しかしそれから1年半。新たなニュースサイトも創刊しているので、2018年のバーン(日経電子のバーンのオマージュ)を作ってみました。 北摂で地域密着型のビジネスを展

UQモバイルとドコモが狙う1970年前後出生コーホートのライフステージ

アイフォーン(iPhone)が日本で発売されて10年。スマホは生活の隅々にまで浸透しています。 単に情報を得たり、ビデオや音楽を楽しむだけではなく、買い物やネットバンキング、株の取引など欠かせないインフラです。 それだけ

インターネット通販サイトが苦しむ「受取拒否」の対策例

みなさんもよくご存じの通り、9月1日は防災の日です。 この日が防災の日に制定されたのは、関東大震災が発生した日だということもありますが、雑節の「二百十日」に当たることが多いということもあるようです。 二百十日というと、旧

必要に迫られたら年配の人もホームページ(ウェブサイト)を見てくれる

できればボランティアに志願したいのですが、なかなかどうしてそんな余裕はありません。仕事が片付かないのです。 仕事を圧迫しているのがある意味ボランティア活動なので仕方ない、と自分に言い訳しています。 茨木広告宣伝舎のオフィ

もう政治家はツイッターをやめればいいと思うの

西日本豪雨で亡くなった方が200人を超えました。しかもまだ安否不明の方がいるといいます。そもそも今回の豪雨の始まりは近畿地方でした。 茨木市や高槻市・摂津市の市街地でも安威川や芥川・如是川・檜尾川が氾濫する可能性があると

GoogleはドSだからhttpは許さない、httpsを強要する

地震に続いて豪雨ということで日本で生きるということはハードモードです。6月中は地震関連の投稿、7月に入ってからは豪雨の投稿が読まれることが多いようです。 でも別にアクセス稼ぎをするつもりはなくて、むしろこう思っているので

情報格差を埋める大阪北部地震の取組みは商売にも応用できる

一週間が経ちました。今朝の同じ時間にまたあの揺れが来るのではないかと思わず身構えてしました。もちろんそんな筈はなく、揺れなくて安堵しました。 今回の地震では個人的にも震災時におけるコミュニケーションの重要性を痛感しました

ウェブサイト(ホームページ)やSNSは震災時に欠かせないインフラになった

これまで茨木広告宣伝舎は、災害時のBCP(事業継続計画)やホームページ運用(ウェブサイト運用)など、災害対応の取り組みについてご紹介やご提案をおこなってきました。 このたびの地震はそれを実践する場とするべきでしたが、実際

カウンセリング販売の商品をインターネット通販サイトに乗せるには?

今日はある特定の商品を取扱う小売店の関係者の相談をうけました。 その小売店はラテン大阪にあって、本来はアングロ大阪、とくに茨木市・高槻市・吹田市・摂津市を対象としている茨木広告宣伝舎的には営業エリア外なのですが、知人の紹

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から