運賃は上がってサービスのレベルが下がるヤマト運輸

茨木広告宣伝舎の本業は通販業です。通販にとっては宅配便は不可欠なインフラです。 ヤマト運輸さんには全国各地の営業所で荷主としてお世話になっています。お世話になっているからこそ苦言を呈したいと思います。 昨年ヤマト運輸をは

ホームページ制作事例(2018年5月・茨木市・インターネット通販サイト)

制作時期 2018年5月 制作期間 4日 地域 大阪府茨木市 業種 小売業 URL https://fm.ibakita.com/ 茨木市山間部の農産物を販売するネットショップです。生産者さんに通販を運用するノウハウがな

本が全品20%OFFというブックオフのウルトラセールにみるECの将来

みなさんゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか。満喫している人をみるとすごく羨ましいです。いまのところこのゴールデンウィークに休みを取れていません。 出かけないひとを対象にしているのか、テレビではブックオフの「ウル

カレールウよりもレトルトカレーが売れる時代の変化

カレーが嫌いという方にはあまりお目にかかったことがありません。安威川ダムカレーがあるくらいですから茨木市民もカレーが好きなんだと思います(適当)。 市場調査会社「インテージ」によると、2017年にレトルトカレーの市場規模

なぜセブン&アイホールディングスのEC(インターネット通販)は失敗したのか

セブンイレブンやイトーヨーカドーからなるセブン&アイホールディングスは、グループのECを統合した総合通販サイト「omni7(オムニセブン)」で減損処理を行ったそうです。 EC(電子商取引)の基盤となるソフトウェ

ウェブマスター(ホームページ管理者)には欠かせないGoogle Analyticsからメールがきた。日本語で。

4月12日にGoogle Analyticsから英語のメールがきてチンプンカンプンでしたが、ようやく日本語でフォローメールが届きました。 5月25日以降にGoogle Analyticsのデータ保持期間を設定しないと、古

消費税率引き上げによる駆け込み需要は集客・販売促進のチャンスだ…再延期になるかもしれないけど

細心の内閣支持率が報道されて、いよいよ政界がきな臭いことになってきました。なんでも支持率が30%を切って、不支持率が50%を超えると危険水域なんだそうです。 こうなると2019年10月に予定されている消費税率の引き上げが

ウェブマスター(ホームページ管理者)には欠かせないGoogle Analyticsからメールがきた

ウェブサイト(ホームページ)は制作するだけではなく、その後の運用が重要です。 売上や利益を増やすために、どれくらいの人がウェブサイトを訪問し、どのように利用しているか調べる必要があります。 それをもとに作戦を練り、さらな

なぜデパートのウェブサイト(ホームページ)は過去の情報を消してしまうのか

またひとつ昔の職場がなくなりました。千葉県松戸市にあった百貨店です。先月いろいろ仕事が殺到しているうちになくなりました。 以前にも吉祥寺にあった店が閉店したときは、数年間そこに勤務したこともあり、当時お世話になった人たち

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から