ウェブサイトは受動的な広告メディアだからこそ来訪者のモチベーションは高い

あるお客さまのウェブサイト(ホームページ)が、公開から半年ほどたって、検索の順位がぐんぐん上昇しています。「地域+業態」で順位が上がっています。つまりSEOの成果が上がっているということです。 先日、そのお客さまと打合せ

無駄足を踏まされた客がまた戻ってくるほどスゴい店なのか

茨木市内では昨日からIbaraki Curry Sumitt(イバラキ カレーサミット)が始まりました。4日間にわたって茨木市の70店舗以上のお店が、カレーやカレーメニューを提供します。 毎年2月と8月に行われるイベント

新しいGoogle Search Consoleがすべてのユーザーに開放

2月に入って新しいGoogle Search Consoleが全ユーザーに開放されたようです。 1月23日ごろからいくつかのウェブサイト(ホームページ)向けに先行して公開されていましたが、ついに全ユーザーに案内がありまし

「集客しても問合せや購入(売上)が増えない」コンバージョン率改善のヒントは仮装大賞にあり

寒い日が続きます。1月のピークを乗り切った安堵感のせいか風邪気味です。こんな日は家でテレビでも眺めているしかありません。 今日は「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」が放送されていました。J事務所の圧力で香取さんが出られ

茨木市でウェブサイト制作(ホームページ制作)時に意識したいこと(2)

口コミやウワサのパワーは絶大です。インターネットにおいても口コミやうわさは強力です。 だからこそたとえば飲食店選びでは食べログやRettyなどのグルメ口コミサイトが参考にされますし、Amazonなど通販サイトで買い物をす

Yahoo!ショッピング検索の「おすすめ順」が広告によって順位が上がる件

先日Yahoo!ショッピングのストアクリエイター(店舗管理画面)をひらくと新着情報に「本日の新聞報道の件」という見出しがありました。 なんだろうと思って見てみると以下のような内容でした。 2017年6月28日付け朝日新聞

やられたらやりかえす!安心してください、SEOのハナシですよ!

いきなり物騒なタイトルですみません。あくまで釣りです。 茨木広告宣伝舎が管理しているウェブサイト(ホームページ)で、「地名+業種」で検索順位がずっと1位だったものがあります。(自慢ではありませんがそういうのは結構あります

年配のスマートフォン利用者が増えているらしい

しばらく放置していたNTTドコモのダイレクトメールを捨てようとして、念のため開封してみました。すると衝撃的?なデータが目に飛び込んできました。 なんと50代の3人に2人がすでにスマートフォンを利用しているというのです。

ウェブサイトの新着情報のタイトルには必要に応じて年号や日付を入れるべき理由

茨木広告宣伝舎では、年末年始やお盆の休業について顧客に周知するのは販売促進だとお伝えしてきました。 顧客が買い物したり、利用しようと来店したのに営業していなかったというのは、顧客にとっては最悪の体験(ユーザーエクスペリエ

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から