「ひらく」か「とじる」か、それがSEOやネーミング(ブランディング)の問題だ

コピーライティングやブランディングの世界ではしばしば神学論争となり勝ち(がち)な問題のひとつに、「『ひらく』か問題」というのが有ります。 古くはコピーライターなど広告業界や印刷業界、最近ではウェブライターやウェブサイト制

ライティングのコンバージョンやSEOを改善するリライト

茨木広告宣伝舎の本業は小売業です。ラジオ通販とインターネット通販用に年間100本を越える原稿のライティングを行っています。 他社では仕入担当者とライターは別であることが普通なのですが、茨木広告宣伝舎では仕入担当者がライテ

デキるライターはウェブライティングでもSEOを意識していない…

ウェブライティングと紙媒体や放送媒体の原稿との最大の違いは、字数や尺に制限があるかどうかです。もちろんウェブライティングでも大まかな制限がある場合もありますが、紙や放送ほどシビアなものではありません。 またウェブライティ

字数制限があるライティングのメッセージは力強い

紙媒体とウェブメディアの違いはたくさんありますが、紙媒体と違ってウェブメディアには字数制限がないこともそのひとつです。 ウェブライティングは長さに制限がありません。字数制限がないことで書き手も編集者もさまざまな制約や負担

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から