新規のウェブサイト制作で中古ドメインをつかんで検索結果に影響した件(2)

この投稿はこの投稿の続きです。 新規のコーポレートサイトの制作ではからずも中古ドメインを掴んでしまったのです。 茨木市内のある会社の依頼で新規にウェブサイトを制作したのですが、ドメインもなかったので、単純にその会社の社名

新規のウェブサイト制作で中古ドメインをつかんで検索結果に影響した件(1)

この国の公務員の皆さんはいつになったらドメインの恐ろしさに目覚めるのでしょうか。 大阪市港湾局が2017年度に開設した「大阪港開港150年記念事業公式ホームページ」のドメインが放棄された(更新されなかった)ことで、ドメイ

やられたらやりかえす!安心してください、SEOのハナシですよ!

いきなり物騒なタイトルですみません。あくまで釣りです。 茨木広告宣伝舎が管理しているウェブサイト(ホームページ)で、「地名+業種」で検索順位がずっと1位だったものがあります。(自慢ではありませんがそういうのは結構あります

頻繁なウェブサイト(ホームページ)更新でSEOの効果が上がる(ジャズバーの事例)

茨木広告宣伝舎の制作した東京のジャズバーのウェブサイト(ホームページ)はSEOの成果が上がっています。都内屈指のターミナル駅エリアにあるにもかかわらず、下記のような地名(ターミナル駅名)との掛け合わせによる複合キーワード

サテライトサイトの目的はリンク稼ぎではなく集客だ

コンバージョンの発生をめざすホームページ(ウェブサイト)とは別に立ち上げるホームページ(ウェブサイト)をサテライトサイトといいます。 コンバージョンとはインターネット通販サイトであれば購入、コーポレートサイトであれば問合

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から