消費税率引き上げをWordPress+WooCommerceで乗り切れ

安倍総理大臣が、先月15日の閣議で来年10月から消費税率を引き上げる意向を表明しました。すでにここまで2回延期しているだけに、今回こそ三度目の正直になりそうです。 消費税というだけに消費者には痛手ですが、商売人にとっても

ウェブデザインでは1ピクセルが重要なのは1ミリも疑いの余地がない

「1ミリも~ない」という言い回しは頭が悪そうで苦手です。一説にはダウンタウンの松本人志さんの造語だといいますが、政治家が使っているのをみると、いよいよ日本もオワコン(終わったコンテンツ)化していることを実感します。 ウェ

JR茨木と阪急茨木市を比べてわかる、集客は人数よりも頻度がカギ

先日たまたま阪急茨木市駅前の「ソシオ茨木」の上に住んでいる人を知っているという兵庫県民と話をしました。 兵庫県民はソシオ茨木には足を踏み入れたことがないそうですが、住民から「住んでいる人もテナントもガラガラ」という話を聞

たった1本のメールが永遠に企業イメージを毀損する

茨木や高槻を襲った大阪北部地震は、幸いにも大きな余震がありませんでした。しかし北海道の地震は未だに余震が続いているようです。 そしてここのところ千葉や茨城の地震が多いように思います。今日も千葉で震度4の地震がありました。

インターネット通販サイトが苦しむ「受取拒否」の対策例

みなさんもよくご存じの通り、9月1日は防災の日です。 この日が防災の日に制定されたのは、関東大震災が発生した日だということもありますが、雑節の「二百十日」に当たることが多いということもあるようです。 二百十日というと、旧

Amazonのおかげで越境EC(海外向け通販)はもう特別難しいことではなくなるかも

最近はそういうのか知りませんが、「日経段階」ということばがあるそうです。日経というのは日本経済新聞です。 日経の1面には、よく観測気球が上がります。こうした記事の締めくくりは「~という計画が浮上している」「~する検討に入

通販サイトやホームページを制作すれば顧客対応はすべて自動化できるわけではない

コンピュータやインターネット、AI、IoTは、いろんなことを自動化してくれます。 20世紀は機械で製造工程や物流を自動化するモノのオートメーションの時代でしたが、いまの21世紀は、モノづくりだけではなく、情報やサービスを

2012年に制作したホームページ(ウェブサイト)をリニューアルしました

今年のお盆は少しだけ余裕ができました。特に昨年と比較するとかなり余裕がある気がします。 そこで2012年にWordPress(ワードプレス)で制作した飲食店(ジャズバー)のホームページ(ウェブサイト)をリニューアルしまし

2018年8の月、WordPress 4.9.8が降ってきた&グーテンベルグがやってくるらしい

今を生きている多くの人たちは、幸運なことにミレニアムの切り替わりに立ち会うことができました。キリスト教の思想と関連があるのかもしれませんが、前のミレニアムの終わりには終末思想のようなものが広まりました。 1999年7の月

必要に迫られたら年配の人もホームページ(ウェブサイト)を見てくれる

できればボランティアに志願したいのですが、なかなかどうしてそんな余裕はありません。仕事が片付かないのです。 仕事を圧迫しているのがある意味ボランティア活動なので仕方ない、と自分に言い訳しています。 茨木広告宣伝舎のオフィ

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から