コロナんでもただでは起きずに茨木市フェイスブックで掲載された件

コロナ禍で休校が続いたため学校給食に使っている味噌が余っていて、その活用を方々に働きかけているという話を以前書きました。 あれから気が付くと2か月経っていました。 その結果、安威川ダムカレーそのものには使えなかったのです

ホームページ制作事例(2020年6月・茨木市・医療機関)

制作時期 2020年6月 制作期間 3か月間 制作費用 10万円未満 地域 大阪府茨木市 業種 医療機関(美容クリニック) URL 茨木市にある医療機関のホームページ(ウェブサイト)です。2つの科を併設する医療機関で一方

6月1日の休業要請解除に備えて、ホームページ運用の見直しを

日付が変わると茨木広告宣伝舎の営業エリアである大阪府では、いよいよ休業要請がすべて解除されます。また東京都でも「ロードマップ」における「ステップ2」に入るそうで、映画館などが営業できるようになります。 緊急事態宣言が解除

小池百合子都知事が多用する横文字の販売促進的意義

経団連の代弁者だと批判されることも多い日本経済新聞。しかし実はその論調はニュートラルだと思います。決して資本家や経営者の立場だけではなく、消費者や労働者の立場も忘れずに取り上げるという点で、ニュートラルです。 その日本経

産業振興を後回しにすれば茨木市に明日はない

茨木市長選挙から2週間経とうとしているのに茨木市長選挙の話をします。新型コロナウイルスのせいで忙しくて、いまさらになります。 本業も、ボランティアも、新型コロナウイルス対応で忙しいのです。ラジオショッピングは収録ができな

飲食店のテイクアウトやデリバリーなど拙速なコロナ対応は首を絞める

まだ4月も半ばですが、今年の流行語・新語大賞には「テイクアウト」と「デリバリー」ということばがノミネートされると思います。流行語・新語大賞もコロナ禍が続くとスポンサーが下りて中止になる可能性もありますが、スポンサーは通信

コロナ禍に抗うな、固定費を下げろ、耐えれば絶好の攻め場がやってくる

4月も半ばを過ぎました。新型コロナウイルスの猛威は収まるところを知らず、この半月ほどで世の中は大きく動いています。 あれよあれよという間に茨木市長選挙も終わりましたが、そんなことは蚊に刺されたとか朝ごはんを食べたというて

ブランディングは肯定よりも否定の集積のほうが強力だ

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。東京も大阪も感染者累計のグラフは角度を増していて、まさに瀬戸際といっても過言ではなさそうです。 国難という点で、東日本大震災と今回の新型コロナウイルスの感染拡大を比較したとき、

事業者の新型コロナウイルスによるパンデミック対応のカギは固定費削減にあり

年明けは、海の向こうの話だった新型コロナウイルスが、2月には日本の話になり、ここ数日で世界を変えつつあるようです。パンデミックです。 いままでは一種のSF的なもので、某巨大ネット掲示板では「ポンデリング」などと、わざと緊

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)88,000円から
独自ドメインのインターネット通販サイト構築(運用支援オプションあり)88,000円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)33,000円から