人手不足が深刻化しているようです。報道によれば、年末にはヤマト運輸が時給2000円で配達員などを確保するといいます。

当然飲食店や小売店舗にも人手不足は波及してくることでしょう。すでに人手不足を理由に閉店したり、営業時間を短縮する動きが出つつあります。

しかもこれは好景気による一時的なものではなく、少子高齢化による労働人口の減少が原因です。今後も解消しないどころか、深刻化する可能性も高いのです。

茨木広告宣伝舎のオフィスがあるビルは駅前ですので、駅やビルの周辺でチラシをまいたり、ティシュを配っている店などをみかけます。このような動きをみると間違った人の使い方をしていると思わざるをえません。

人手不足の対策としてIT化が不可欠な時代になりつつあります。ネットで店探しをする人が多い時代に、チラシ配布やティッシュ配りで広告宣伝や集客を図るのは、貴重な労働力の無駄遣いだと思います。

ましてや時給も上がっているのに、直接売り上げを獲得できないところにアルバイトなどをつぎ込むのも経営的にはいいオプションとはいえません。

スマホの普及率も上がっているこの時代、広告宣伝はネットにシフトしたほうがよいと思います。人件費をインターネットの広告宣伝やIT化に振替えるべき時代が来たのです。

ウェブサイト(ホームページ)を制作するだけことがインターネットを活用した広告宣伝ではありません。ブログを始めてもよいでしょうし、facebookやtwitterやinstagramなどのSNSやソーシャルメディアを活用することもできます。

ただし、チラシやティッシュ配りに比べると、インターネットでの広告宣伝はすぐには効果が見えません。実際には効果があってもそれを、インターネットの広告宣伝のおかげだと認識しないこともあります。

特にウェブサイト(ホームページ)は集客の効果を実感できるまでに少しかかります。だからこそあきらめずにコツコツ続けることが大切です。

また小売店は、インターネット通販(ネットショップ)の導入やモールへの出店も検討すべき時期です。人手不足ならリアル店舗の営業時間を絞り込めばよいのです。

リアル店舗でいつくるかわからない顧客を待つよりも、ネットで自動受注したほうが効率がよいかもしれません。

幸いなことにインターネット通販サイトを開設するための費用は劇的に下がりつつあります。コストの安いクレジットカード決済やモバイル決済、SSLなどインフラが整備されつつあるのです。

人手不足は巨大企業にも同じように襲いかかっています。やり方しだいでは巨大企業と対抗していけるかもしれません。

今日の茨木の天気

未明から雨が降りだしましたが、午前中には上がりました。午後はくもりがちでした。湿度が高いため寒く感じませんでした。

人手不足はITで乗り切れ!いまこそウェブサイト(ホームページ)を
Tagged on:                                                                                                                 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から