なぜデパートのウェブサイト(ホームページ)は過去の情報を消してしまうのか

またひとつ昔の職場がなくなりました。千葉県松戸市にあった百貨店です。先月いろいろ仕事が殺到しているうちになくなりました。 以前にも吉祥寺にあった店が閉店したときは、数年間そこに勤務したこともあり、当時お世話になった人たち

チラシや広報誌・フリーペーパーなど紙媒体は茨木ではまだまだ集客に有効だ

語弊があるかもしれませんが、広告宣伝や集客とは「火のないところに煙を立てる」ことです。ただし、よく燃える火種でないと火をつけたところで勢いよく燃えません。 やっぱりこの喩えは語弊があるかもしれません。火が着くというとまる

茨木市で集客に成功している店舗や会社がやっていること(1)

茨木市でホームページ制作(ウェブサイト制作)をしている立場でこんなことをいうのは不適当かもしれませんが、茨木市における最強の集客ツールは口コミだと思います。特にリアルの商売は口コミが重要です。 特に地域密着・地元密着型の

インターネット利用環境は「スマホのみ」46%、「PCのみ」7%、併用39%

LINEが10月に実施した「インターネットの利用環境 定点調査」によると、インターネット利用環境は「スマホのみ」46%、「PCのみ」7%、「スマホとPC併用」は39%だそうです。 インターネット関連の調査は、ウェブサイト

茨木市民殺到のイベントへの出店がリアルでもホームページ(ウェブサイト)でも集客に貢献した事例

先日とあるイベントに出店に出店したところ、リアル店舗でも、ホームページ(ウェブサイト)でも集客につながっています。 そのイベントは茨木市の市街地から離れた山の中で開催されました。当日は通常のバス便の終点からシャトルバスが

人手不足はITで乗り切れ!いまこそウェブサイト(ホームページ)を

人手不足が深刻化しているようです。報道によれば、年末にはヤマト運輸が時給2000円で配達員などを確保するといいます。 当然飲食店や小売店舗にも人手不足は波及してくることでしょう。すでに人手不足を理由に閉店したり、営業時間

対象顧客の属性がはっきりしている業態はSNS広告が狙い目

ある通販案件でコールセンターを選定しています。先日も旧知のコールセンター会社と打合せしました。 すると最近は管理者(スーパーバイザー)層の人手が不足していて、なかなか席数を増やしづらいとかで、別の事業に力を入れているそう

Facebook「イベント」の拡散力は大きいから広告宣伝・集客に最適

どんな魅力的なお店でもいずれマンネリ化してきます。とくに常連さんに支えられている店舗ほどマンネリ化しがちです。 マンネリ化した店舗は飽きられて顧客が離れてしまいます。だから長く支持されるお店ほどイベントに力を入れています

好きの反対は無関心、広告宣伝は嫌われても構わない

タレント?の出川哲郎さんが人気なのだそうです。特に若い人に人気なのだそうです。 「世界の果てまでイッテQ!」「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」などの出演で好感度が上がっているそうです。 かつては「抱かれたくない男」

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から