「悉皆言葉を軽くする」ソーシャルメディアにご用心

「シカクいアタマをマルくする。」というのはご存じ日能研の名コピーです。中学受験の良問をオトナにも解かそうとする電車広告でもおなじみかもしれません。 ここまで書いて、そもそも大阪に日能研があったか不安になって調べたら、高槻

不寛容はインターネット時代の宿命

衆院選が終わりました。更新が滞ってしましましたが別に選挙で忙しかったからではありません。 商店街活性化のためのプロジェクトや出張があったり、見積もりや議事録などいろんな書類を作る仕事が溜まりまくっているからです。 忙しい

現時点で集客や広告宣伝や販売促進のツールとしてはやはりインスタグラムが旬

昨日は茨木市からはるばる住之江区のインテックス大阪に行ってきました。beautyworldという美容関連の展示会の招待状をもらったからです。 先月東京で別の展示会で会った会社から電話があって、大阪にくるから商談したいとい

インターネットを捨てよ、リアル店舗へ出よう

インターネットのない時代の流行りというのは出所がよくわからないものがありました。 なぜか中学3年の同級生たちの間では突然ビートルズが流行りました。少し前までアイドルに夢中だったヤンチャな子らが卒業文集になぜかLet it

まちおこしイベントIT化遅れ高槻市は中止、茨木市も転換期、吹田は発想転換で活路

とあるジャンルのまちおこしイベントが曲がり角を迎えつつあるようです。 いろいろ不健全なトラブル等もあって廃れた街コンと異なって、すっかりメジャーになったこのジャンルでは高槻市、茨木市、吹田市でもここ数年イベントが開催され

阪急茨木市駅近くのカフェで思い知らされた蒐集癖をくすぐるという販売促進術

「この世には二種類の人間がいる。一つは蒐集癖のある人間で、もうひとつは蒐集癖のないそれだ。」いかにも格言ぽいものですが、いま思いつきました。ジャストアイデアです。 文章の書きだしに困ったときはこの「この世には二種類の人間

ウェブ(ネット)が促す「まずは始めてみる」という思想

ビジネスにおいて新規事業を始めるというのは、なかなか大変なことです。いちばんネックになるのは資金です。 実際に事業を進めるということについては、誰か腹をくくる人と、汗をかく人がいればなんとかなります。しかしお金だけはどこ

インターネットでも集客や広告宣伝は人の多いところ(インスタ)でやるのが合理的

9月も半ばを過ぎました。放送業界の人々は10月改編の準備が終わってホッとしていることでしょう。 テレビ業界やラジオ業界などの放送業界ではまいにち熾烈な視聴率競争や聴取率競争が行われています。一人でも視聴者やリスナーを増や

音声検索の普及がSEOの精度向上圧力になる

私たちは老いからは逃れられません。それは貧富や能力にかかわらず平等に訪れるものです。老いは肉体的なものもありますが、他方で精神的なものもあります。 精神的な老いの一つとして新たな知識や常識についていけなくなるというのがあ

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から