カレールウよりもレトルトカレーが売れる時代の変化

カレーが嫌いという方にはあまりお目にかかったことがありません。安威川ダムカレーがあるくらいですから茨木市民もカレーが好きなんだと思います(適当)。 市場調査会社「インテージ」によると、2017年にレトルトカレーの市場規模

なぜセブン&アイホールディングスのEC(インターネット通販)は失敗したのか

セブンイレブンやイトーヨーカドーからなるセブン&アイホールディングスは、グループのECを統合した総合通販サイト「omni7(オムニセブン)」で減損処理を行ったそうです。 EC(電子商取引)の基盤となるソフトウェ

なぜデパートのウェブサイト(ホームページ)は過去の情報を消してしまうのか

またひとつ昔の職場がなくなりました。千葉県松戸市にあった百貨店です。先月いろいろ仕事が殺到しているうちになくなりました。 以前にも吉祥寺にあった店が閉店したときは、数年間そこに勤務したこともあり、当時お世話になった人たち

通販や小売の視点が欠落すると壁にぶち当たるメーカーや生産者の価格戦略

茨木広告宣伝舎ではインターネット通販サイトの構築など通販のお手伝いを行っています。いま進行しているある通販案件でもつい先日助言したばかりの内容を書いておこうと思います。 それはメーカーさんや生産者さんの価格戦略に、小売や

カウンセリング販売の商品をインターネット通販サイトに乗せるには?

今日はある特定の商品を取扱う小売店の関係者の相談をうけました。 その小売店はラテン大阪にあって、本来はアングロ大阪、とくに茨木市・高槻市・吹田市・摂津市を対象としている茨木広告宣伝舎的には営業エリア外なのですが、知人の紹

独自ドメインのインターネット通販サイトならAmazonに翻弄されない

徹底した顧客第一主義で支持を広げてきたインターネット通販Amazon。個人的にもよく利用させてもらっています。 出店者に対応を丸投げする楽天などに比べて苦情対応なども非常に評判がよいと聞いています。 日本でも年間売上が1

商品撮影案件で見せつけられたモール型ネット通販サイトでの競争の激しさ

3週連続で写真撮影案件が入りました。多忙のためお断りしたのですが、どうしてもということで受けさせていただきました。 以前にもご依頼いただいたリピートの顧客です。まとまった時間が取れず、一度では撮りきれないので3回に分けて

ホームページの集客や販促としてコンテンツをお客さんに作ってもらうという発想

ホームページ(ウェブサイト)の集客や買上率を上げるような販促のためにはコンテンツ(内容)が重要です。しかしいいコンテンツを作るのはなかなかの難題のようです。 ウェブサイト制作(ホームページ制作)にあたってクライアントさん

ホームページ制作事例(2018年2月・東京都・通販サイト広告バナー)

制作時期 2018年2月 制作期間 30分 地域 東京都港区 業種 放送局(通販) URL 落語家の某師匠の落語会の宣伝バナーです。急な依頼があり、30分で制作しました。落語家の師匠の画像は支給されたもの(宣材写真)を使

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から