カレールウよりもレトルトカレーが売れる時代の変化

カレーが嫌いという方にはあまりお目にかかったことがありません。安威川ダムカレーがあるくらいですから茨木市民もカレーが好きなんだと思います(適当)。 市場調査会社「インテージ」によると、2017年にレトルトカレーの市場規模

なぜセブン&アイホールディングスのEC(インターネット通販)は失敗したのか

セブンイレブンやイトーヨーカドーからなるセブン&アイホールディングスは、グループのECを統合した総合通販サイト「omni7(オムニセブン)」で減損処理を行ったそうです。 EC(電子商取引)の基盤となるソフトウェ

通販や小売の視点が欠落すると壁にぶち当たるメーカーや生産者の価格戦略

茨木広告宣伝舎ではインターネット通販サイトの構築など通販のお手伝いを行っています。いま進行しているある通販案件でもつい先日助言したばかりの内容を書いておこうと思います。 それはメーカーさんや生産者さんの価格戦略に、小売や

カウンセリング販売の商品をインターネット通販サイトに乗せるには?

今日はある特定の商品を取扱う小売店の関係者の相談をうけました。 その小売店はラテン大阪にあって、本来はアングロ大阪、とくに茨木市・高槻市・吹田市・摂津市を対象としている茨木広告宣伝舎的には営業エリア外なのですが、知人の紹

オリジナリティか、分かりやすさか、ブランディングの基本・ネーミングの考え方

かつて百貨店で物産展を担当していると、いろいろご当地のスイーツや銘菓に出会ったものです。そして菓子業界、ことにお土産菓子業界はパクりあいオマージュの歴史の上に成り立っていることに気がつかされます。 (以下登録商標だらけで

商品撮影案件で見せつけられたモール型ネット通販サイトでの競争の激しさ

3週連続で写真撮影案件が入りました。多忙のためお断りしたのですが、どうしてもということで受けさせていただきました。 以前にもご依頼いただいたリピートの顧客です。まとまった時間が取れず、一度では撮りきれないので3回に分けて

ホームページの集客や販促としてコンテンツをお客さんに作ってもらうという発想

ホームページ(ウェブサイト)の集客や買上率を上げるような販促のためにはコンテンツ(内容)が重要です。しかしいいコンテンツを作るのはなかなかの難題のようです。 ウェブサイト制作(ホームページ制作)にあたってクライアントさん

駅ナカ開業のJR茨木エリアで集客への影響はどうなる?

JR茨木駅エリアがアツいです。春になったからではありません。いや、春になったからかもしれません。 この春JR茨木エリアでは大きな変化があります。 まずJR茨木駅に駅ナカ商業施設がオープンします。そしてイオン(マイカル)の

チラシや広報誌・フリーペーパーなど紙媒体は茨木ではまだまだ集客に有効だ

語弊があるかもしれませんが、広告宣伝や集客とは「火のないところに煙を立てる」ことです。ただし、よく燃える火種でないと火をつけたところで勢いよく燃えません。 やっぱりこの喩えは語弊があるかもしれません。火が着くというとまる

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から