茨木市民殺到のイベントへの出店がリアルでもホームページ(ウェブサイト)でも集客に貢献した事例

先日とあるイベントに出店に出店したところ、リアル店舗でも、ホームページ(ウェブサイト)でも集客につながっています。 そのイベントは茨木市の市街地から離れた山の中で開催されました。当日は通常のバス便の終点からシャトルバスが

茨木市で商売するならホームページを制作するよりも…

茨木市は田舎です。 こんなことを書くと多くの茨木市民には反感を買うかもしれません。梅田も近いし、そこそこ街も栄えてるし、人も多いし、田舎ちゃうわ!と思われることでしょう。 ただ一つの考え方として、昼間人口が夜間人口より少

インターネットを捨てよ、リアル店舗へ出よう

インターネットのない時代の流行りというのは出所がよくわからないものがありました。 なぜか中学3年の同級生たちの間では突然ビートルズが流行りました。少し前までアイドルに夢中だったヤンチャな子らが卒業文集になぜかLet it

今年は秋の訪れが早い?そもそも冷夏だったのかも

今日の天気予報を見ていると、今週末から太平洋高気圧が日本列島の南に下がって秋の空気に入れ替わるようです。 大阪で明日の最低気温が26℃なのに、週末には20℃という日もありそうで、涼しいどころか寒く感じるかもしれません。

リアル店舗はインターネット通販サイト(ネットショップ)でリスクを分散できる

茨木広告宣伝舎の本業は通販業です。8月前半の東日本での天候不順の影響で、飲料や氷菓などの売上が計画を大きく下回りました。 8月後半の品揃えが降温商品を意識していたことや、さまざまな売出計画を修正した甲斐あって、前年比1割

クルマ社会の終焉で通販や移動販売に商機がある?

今日は所用で茨木から京都へ行ってきました。行きはオフィスに寄ったのでイナイチ(国道171号)で、帰りは淀川左岸のコクイチ(国道1号)で帰ってきました。グーグルマップではどちらのルートでも距離も所要時間もたいして変らないの

ポップアップストアでECの集客・広告宣伝を狙え

茨木広告宣伝舎のオフィスがあるビルは老朽化でテナントの流出に悩まされています。そこで欠落MD、つまり既存テナントにない業種で品揃えすべき商品を持つ店舗を誘致しようという動きがあります。 具体的には生鮮です。やはり日ごろか

リアルとネットの差別化ポイントは接客サービスなのか

茨木広告宣伝舎のオフィスは飲食店街にあります。その飲食店街で向かいどうしの2店舗が毎日ランチタイムに客引き合戦をやっています。 狭い通路を挟んでお互い店員のお姉さんを立たせて、通る人を自らの店舗に引き込もうと声をかけるの

物流の逆襲で地元密着のリアル店舗にも商機がやってきた

ヤマト運輸が正式に運賃の値上げを発表しました。通販など大口顧客との価格交渉も進めて年間で8000万個の荷物を減らすようです。また一部配達時間帯の廃止なども実施するようです。しかも他社も追随して値上げする動きもあります。

サービス業は社長自ら店に出ていると安心感がある

今日は大阪に出る用事がありました。デパートでの買い物などは、こうした用事のついでに済ませています。 今日はそれ以外にも見ておきたいものがあってみ見て回ってきました。ある飲食店のようすを見たかったのです。 あるところである

Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から