ボーナスシーズンということでラジオショッピングでジュエリーを販売する機会が増えています。つい先日までジュエリーの撮影が立て込んでいました。

正直なところジュエリーの撮影は難易度が高いと感じます。拡大すると粗が目立つこともあって、撮って出しが難しく画像をレタッチすることが前提になってきます。

たとえば純金のコインは質感を出すことが難しく、RAWでホワイトバランスや明るさなどをかなり調整することになりました。さらにマクロレンズで撮影するとコインの縁がつぶれていたりして、相当レタッチすることになりました。

さらに苦戦したのが、揺れることが売りのジュエリーでした。揺れるようすを表現するために動画撮影を行ったのですが、スチール撮影に慣れていると揺らすという経験がなく、かなり悪戦苦闘することになりました。

余裕がなくてセッティングを撮影していなかったのですが、三脚は使わず卓上のカメラスタンドで撮影しました。揺らすために、トルソーの下に未開封のポケットティッシュを置いてあえて不安定にしました。

手で揺らすと不自然なうえにトルソーも揺れて画面がうるさいので、ブロアーで揺れるべき中石だけ風圧で揺らしました。

昨日の茨木市の天気

朝から曇りがちな天気でした。昼間は雨の予報でしたが、多少しぐれた程度でほとんど降りませんでした。

今日の茨木市の天気

朝から晴れました。気温も15℃前後と比較的高めで、日中はマフラーを巻いていると暑いくらいでした。夕方以降は気温が下がり寒く感じました。

揺れることが前提のジュエリー撮影に悪戦苦闘した事例
Tagged on:                                                                                         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から