LINEが10月に実施した「インターネットの利用環境 定点調査」によると、インターネット利用環境は「スマホのみ」46%、「PCのみ」7%、「スマホとPC併用」は39%だそうです。

インターネット関連の調査は、ウェブサイト(ホームページ)上で回答を求めていることが多く、インターネットをよく利用する人の回答が多くなりがちで、サンプルに偏りがあります。

しかしこの調査は個別訪問留置調査、つまりアンケートを預けて回収する方法で行われおり、信頼性が高いと思われます。

調査地区:全国
標本抽出方法 : 住宅地図データベースから世帯を抽出し、個人を割り当て
調査方法: 調査員による個別訪問留置調査
調査対象者:15~59歳の男女 合計763サンプル (人口構成比に沿って抽出)
調査期間:2017年10月

思っていた以上に「スマホのみ」が多いという印象です。おそらくオフィスワーカーのひとびとは、PCでの作業が多いはずです。

調査対象が15歳から59歳までということで、生産年齢の人々であるだけにスマホとPCの併用が多いと思っていました。

最近の学生さんは、スマホでレポートを書くという噂も聞いたことがあり、「若者のPC離れ」が進んでいるという印象ですが、大人も同じ傾向があるようです。

学生さんたちは音声入力で長文を書くと言います。よくスマホを口の前に水平に置いて話しているのを見かけますが、それも音声入力をしているのかもしれません。

画面も見えるので入力内容も確認しながら入力できるからだと思います。

こうした層はスマートスピーカーにも抵抗がなさそうです。そして音声で検索することに慣れることで、自然言語での検索が増えることでしょう。

従来通りのキーワードの組合せで検索するというのが減っていくかもしれません。SEOも新たな局面に入りつつあるのかもしれません。

またスマホでの検索に対応して、ホームページ制作(ウェブサイト制作)も変化する必要があるでしょう。レスポンシブウェブデザインなどのスマートフォン対応は絶対不可欠です。

たとえば小さい画面でも見やすいように情報を整理する必要もありそうです。また飲食店舗のホームページなどはリアルタイムで店探している可能性が高いので、販売促進や集客の工夫が求められます。

またMEO(Map Engine Optimization)、つまりGoogle Mapの地図エンジン最適化も効果的だと思われます。

またSNSなどでシェアされることも意識してホームページ制作(ウェブサイト制作)を行いましょう。

LINE「インターネットの利用環境 定点調査」
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/2002

昨日の茨木市の天気

朝から晴れました。13℃近くまで気温が上がり、暖かく感じました。

本日の茨木市の天気

曇りがちで、午後4時過ぎから小雨が降り出しました。とくに午後7時から11時ごろまで降りました。

インターネット利用環境は「スマホのみ」46%、「PCのみ」7%、併用39%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Yahoo!ショッピング制作(申込~開店フルサポート)86,400円から
スマホ対応のウェブサイト制作(ホームページ制作)32,400円から